復縁に向けた冷却期間中に相手の気持ちは大きく変化します。男性心理に基づく必要な期間と過ごし方

  • 2020年1月5日
  • 2020年1月5日
  • 復縁
  • 2796view
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。

「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

恋人と別れたらまずは冷却期間をとるべき!というのは復縁の定説。

だけど、何のために彼とコンタクトをとらない期間を設けるかを理解してる?

冷却期間をとったって、ぼーっと時間が過ぎるのを待ってるだけでは、まず元サヤには戻れないからね!

離れる時間が必要なのは、その後に関係をより良くするためだよ。

いつか再び愛し合える関係に戻れるはず…なんて夢を見ているだけでは現実を動かせないから注意してね。

今回は、復縁の基礎のひとつである「冷却期間」について説明するよ。

冷却期間中に元彼の心は大きく変化するから、男性心理に基く必要な期間と過ごし方を知っておくのが復縁成就を叶える秘訣。

せっかく冷却期間を設けるのなら、効果を最大化しないと損だよ。

あなたと彼の未来を決める重要な時期だから、有意義な時間が過ごせるよう十分な知識をつけておこう!

目次

復縁したければ冷却期間を取るべき。その理由やどんな効果があるのかを理解しよう。

破局時の最悪ムードを少しでも忘れるため


冷却期間の目的①は、最悪ムードを少しでも忘れて良い雰囲気で会話できるようにするため。

人は置かれている場所の空気感に左右されるから、好きか嫌いか以前に険悪ムードだと「なんか気まずい…この場から立ち去りたい…」と感じて、会話内容に関係なく相手への嫌悪感が増していくものなんだ。

普通は恋人同士が別れる決断をする時には良いムードではないし、愛し合ってた2人が別離を選ぶということは最悪な状態まで状況が悪化しているケースがほとんどだと思う。

男は女性以上に恋愛の面倒な側面を嫌うから、あの何とも言えない不穏な空気が漂う別れのムードが大嫌い。

彼女自身への気持ち以上に、「あの何を言ったら分からない場面に身を置くのはもうこりごり!」と恋愛そのものに嫌気がさしてしまうんだろうね。

そんな最悪ムードを忘れ去るためには、時間が必要。

なぜなら、破局が決定的になる前には、アレコレ対策を試みて関係修復のための努力をしたよね?

それでも2人の心を繋げられなかったのだから、破局後に小手先の対策法を試しても効果があらわれるわけがない。

今さら同じ失敗を何度も繰り返すよりは、いっそのこと距離を離して時間に解決してもらうほうがよっぽど有益だよ。

彼も心の中で「あんなに色々頑張ったのに修復できなかった…」と諦めの心理を持っているから、ここで動くと「あんだけやってもダメだったのに、まだ頑張るの?もういい加減俺を開放してよ…」と負の感情を上塗りするだけ。

できることを全て試した後は、悪いムードを忘れるためにクールダウンする時間が必要なんだよ。

関係性が大きく変わることで見方も変わるから


今までは恋人同士という関係だったあなたと元彼。

距離感はカップルごとに違うだろうけど、愛し合っているのだから一番大切な人、という立ち位置だってことは共通してるよね。

冷却期間は「一番大切な人」の立場から離れることで、別の視点で見てもらえる可能性があるのがメリット。

「一番大切な人」には良い面と悪い面があって「一番愛してる」と思うからこそ「一番憎い」という感情を抱きやすい。

「愛してる」も「憎い」も強い感情だっていうところが共通点で、名も知らないそこらの人には抱かない感情のひとつ。

道ですれ違ったおじさんに失礼なこと言われて「あの人サイテー」と思っても、そこまで強い憎しみは湧いてこないだろうし、数分後には忘れられると思う。

だけど、同じことを愛してる恋人がしたら「この人サイテー!」と強いショックを受けた後にふつふつと憎しみの感情が湧いてきて、何日もその憎しみを持ち続けてしまうんじゃないかな?

これは彼も同じで、知り合い程度の女の子に「○○君ってケチだよね」と言われたら、ショックを受けつつも、気付いたら忘れてるはず。

でも、あなたが「○○君のケチなところが嫌い」って言ったのはずっと引きずっている可能性が高い。

で、別れた恋人にネガティブな感情を抱いている場合には、恋人という場所から離れてしまうのが一番手っ取り早いんだ。

「恋人→元カノ」って、彼にとってのあなたの存在意義が変化すれば、「あの時の失言も気にならなくなってきた…」と思ってもらえるかもしれない。

さらに「恋人→元カノ→過去に関わりのあった人」まで距離を遠ざけられれば、効果はもっと大きくなる。

だから、冷却期間に一切の連絡を絶って彼の頭の中から存在を消去してもらったほうが、ネガティブ要素を少なくできるんだよ。

1人で考えたほうが冷静になれて正しい答えが出せるから


好きな人の声を聞いたり、顔を見るだけで精神状態が大きく変化するのが恋愛の醍醐味。

ただ声を聞いただけで、自分で制御できないほどに感情が高まってしまう人もいるよね。

でも、これが問題を解決困難にした理由のひとつでもある。

愛している人を前にすると冷静になれないから、論理立てて物事を考えられない。

上手くいっている時には、感情の高まりに任せて快感に身を委ねていればOKだけど、問題があって感情だけで解決できないのなら冷静さを取り戻す必要があるってことを覚えておいて。

実は問題が発生しても、愛の力で大概は乗り越えられるものなんだ。

恋人同士の間には数えきれないほどたくさんのトラブルの種が転がっているけど、「この子のこういうとこ好きだから…ま、いっか」「何故か分からないけど許せちゃうな…」という感情的な判断で関係が壊れずに続く。

それが愛の持つ力の凄さで、論理的に考えたらアウトなことでも、愛する人なら許せてしまうものなんだよね。

だけど、別れたということは愛の力で乗り越えられない問題が生じたか、問題を乗り越えるための愛の力が弱ったと考えられる。

どっちにしても愛の力に頼れない状況になっているから、冷静に考えて対処するしか方法は残されていないんだけど、声を聞いたり顔を見ると、冷静さをキープできない…だから、関わりを断って1人になる時間を作らないといけないんだ。

冷却期間に1人になって考えをまとめたら、すぐに欠点に気付いた、彼に嫌われた理由がはっきりした、直すべき問題点が明確になった、って人が多いんだよ。

離れていると恋しくなるのが人間だから


冷却期間は人間の本能的な部分にも関係してる。

ずっとべったり一緒にいるとどれだけ好きでも飽きるし、たまには別の人と過ごしたいな…と思うのが自然な感情だよね。

友達同士でも同じ感情が芽生えるけど、恋人同士のように対象が1人だけじゃないのが違い。

親友は1人だけだったとしても、知り合いよりも親しいくらいの友人も含めると、複数人との友情関係がある。

でも、恋人は1人。

恋愛感情を抱く相手が他にいないから、べったりした関係になりやすいんだ。

その結果、いつも一緒にいる状態にウンザリしてしまうんだけど、ずっと離れていると、今度は「またあの子と一緒にいたいな…」と思うのが人間だよね。

こんな感じで相反する感情を持つのは、恋愛だけではない。

例えば、誰かと食事をする約束をしていると、「忙しいのに約束入れてしまった…行きたくないな…」なんて思ったりするけど、何も予定がない時期には「あ~誰かとご飯行きたい!」と予定を入れたくて仕方なくなる。

人によっては、仕事がある日は「仕事に行きたくない…休みたい…」と思うのに、お休みに何もすることがなくて暇だと「早く仕事に行きたいな~」と思う人もいるかもしれないね。

こんな感じで、人間って置かれている状況と逆の状況を望む矛盾した生き物なんだよね。

だから一緒にいる時には「離れたい…」って思うし、離れていれば「一緒にいたい…」と思うようにできている。

この仕組みを応用したのが冷却期間。

敢えて離れている状態を作りだすことで、相手の「一緒にいたい欲」を高める効果が期待できるんだ。

温度差によってできた溝を埋めて関係をリセットするため


恋人同士が離れてしまう結果になるのには2人の温度差も関係してて、あなただけが彼を大好きで、彼はあなたに興味を失っていたら、そこには温度差という深い溝が形成されてしまっている。

温度差の溝が浅いうちは双方の努力だけで関係を維持できるし、ラブラブの時期なんて溝が一切なく2人がぴったりと同じ温度で関係作りできているから、意見の衝突があったって「それさえも幸せな一時」として認識できる。

だけど、修正不可能な深い溝ができてしまうと、リセットしない限り溝を埋めるのは難しいんだ。

2人が歩み寄って問題解決に取り組めれば不可能ではないけど、復縁希望のあなたはやる気があっても彼はやる気がない状態。

だから破局という結果を迎えてしまったんだよね。

付き合っている時に二人ともが「関係維持のためになら何でもできる!」という状態なら、今もカップルで居られたはずだからね。

あなたがフラれた形で終わったのなら、彼の歩み寄る意志は少しも残っていない状態だと言える。

だったら、どれだけ努力しても無駄な労力を使うだけになってしまうよね。

だから、全ての関係性をリセットできる冷却期間を設けて、ゼロからやり直すための下地作りをしないといけない。

溝ができた状態でバタバタと悪あがきをしても成功率は上げられないからね。

新しい自分に生まれ変わるためには時間が必要だから


あなたに欠点があって嫌われた場合は、自分磨きのために時間が必要なのも冷却期間を設ける理由。

悪いところがあって破局したなら、改善させなければ元サヤに戻れないのは分かるよね?

でも、欠点が原因で関係解消まで至ったケースでは、指摘されても直らなった…という過去を持つケースが多いから、冷却期間を設けても努力をせずに過ごしてしまうのが問題!

「太ってるのが理由でフラれたからダイエットしよう!」と口では言ってるのに、「今日は無理だから明日から…」と問題を先送りしてる女子がとっても多い。

で、冷却期間が終わって彼と話をする関係に戻ったら「ダイエットが必要」という問題を忘れて「どうして彼は私を好きになってくれないんだろう?」って現状に不満ばかり言うようになる。

これでは冷却期間を設けた意味が全くないよね。

付き合っている時に指摘されても直らなかったから愛想を尽かされた、という事実を忘れたらダメだよ。

冷却期間中に欠点を完璧に治す必要はないけど、せめて努力を始めるところまではステップを進めておこう。

冷却期間中に相手の気持ちは大きく変化する。元彼の心がどう動いていくかを解説するよ。

第一段階:ゴタゴタしてた問題が解決してスッキリ


恋人関係を解消する前の状態は男にとって最も嫌な時期。

「関係が上手くいっていないから一緒にいてもつまらないし、イライラするし、だけど別れ話をするのも大変だし…彼女は早くlineの返信をして!ってうるさいし…」

これだけネガティブな要素がてんこ盛りなんだから、「もう恋愛なんてしたくない!」と思えるのも無理はない。

人によっては、そのイライラ状態を数か月も続けてたりするんだよ。

だから、別れ話が終わった後は、苦悩から解放されて「ゴタゴタしてた問題が解決してスッキリ!」という気持ち。

解放感と清々しさと爽快感と気持ち良さと…心地良い類の感情で彼の心は満たされてる。

この時には上機嫌になっているが故に、意外と元カノへの嫌悪感が少ないのも特徴的な部分。

別れが達成されるまではギリギリの精神状態で、「コイツが本気で憎い」くらいの感情だったけど、別れが成功した後は喜びいっぱいだから「アイツも少しは可愛いとこあったよな」と思える心の余裕が出てくるんだろうね。

そういった意味では、別れ際に粘るのがどれだけ復縁に悪影響を及ぼすかが理解できると思う。

別れ際に粘れば粘るほど彼は疲弊していき、心の余裕がなくなっていく。

ヘトヘトに疲れ切って別れを達成した場合は、破局直後に心の余裕タンクがゼロになってるから「かわいい女だったな」と思う余裕がない。

だけどあっさり別れを達成できれば、心の余裕がたくさん残っているから「かわいい女だったし、振るなんて悪いことしちゃったな…」と良い感情を抱いてくれるんだよ。

第二段階:1人ってこんなに爽快だった?最高!


別れてから1人の日々を過ごすようになると、身軽な独り身の良さを再確認して「最高!」って思いながら過ごしてて、この時には破局直後にあった元カノへの想いが消失してる。

たまには思い出すかもしれないけど、頭にふっと浮かぶくらいで、元カノがどうだとか考えることは滅多にないと思う。

それよりも彼女持ちの時にはできなかったことへの意欲で、彼の頭は満たされている。

ただ、寂しがりやタイプや女性に依存するタイプの男性はこの段階が短いか、完全に抜け落ちていることも珍しくない。

常に誰かがそばに居ないと楽しさよりも不安のほうが大きくなるから、独り身自体に魅力を感じないんだろうね。

逆に、恋愛に興味の薄いタイプはこの時期が異常に長くて6か月以上に及ぶこともあるから、男性のタイプによって期間には差があることを覚えておいてね。

第三段階:次はどんな女の子を狙おうかな…ワクワク


男は女の子がいないと生きてる意義を見出せないから、何も疑問を抱かずに「次はどの女の子を狙おうかな…」と考えてワクワクするようになる。

女性は次の彼氏探しをする時に「好きになる人(自分から告白する)」or「好きになってくれる人(告白してもらう)」のどちらに該当するかという視点で男性を見る。

でも、男性は女性から告白されることは滅多にないから、ごく一部のモテ男を除いて「好きになる人(自分から告白する)」が対象になるのが違い。

だから、女子の持つ「男性に選んでもらえないと女としての価値がない気がして悲しい…」という悩みがあまりなくて、軽い気分で恋愛を楽しんでる男性が多いんじゃないかな。

婚活だと話は別だけど、結婚をゴールにしない恋愛だと、狙った女性を落とすゲーム感覚に近い感じで、不安よりもワクワク感が強いのが特徴だよ。

第四段階:女の子と触れ合いたいけど面倒じゃない子がいい


独り身になってしばらくすると、最近女の子と触れ合ってないからデートしたいな~という感情が芽生える。

でも、女の子の肌が恋しいとは思いつつも、「面倒じゃない子に限る」という制限付きなのがこの時期の特徴。

「誰でも良いから女の子に相手してほしい!」というほど切羽詰まってないから、「面倒じゃない子がいたら楽しい時間を過ごしたい」という程度。

だから、遊んでくれる女の子がたくさんいて、セフレがいるような遊び人タイプだと、この時期はやって来ない。

そもそも女の子が不足してないから求める気持ちにならないんだよね。

でも、そんな恵まれた環境にいる男子はほんの一部だから、9割の男子は女の子の肌が恋しい時期がやって来るよ。

第五段階:彼女持ち時代はいつでも女の子に触れて便利だった


女の子との時間が欲しくなってくると、いよいよ元カノを本格的に思い出す時期に突入。

ここまで時間が経過して、初めて過去の恋人について冷静に考えられるようになるんだ。

女の子と一緒に過ごしたい…だけど面倒なのは嫌、この2つの条件を満たす女性は意外と少ないという現実に気付いて「元カノがそばに居た時代って結構幸せだったかも」と過去への感情がマイナスからプラスに転じる瞬間がやって来る。

元カノのありがたみが分かるのがこの時期の特徴だよ。

新しい女の子を落とすために頑張るのも楽しいけど、失敗ばかりで上手くいかないと、「おかしい…予定では別の女の子とイチャイチャ楽しい時間を過ごしているはずなのに、寂しい独り身のまま…」と思い始め、その次には「元カノに声をかけようかな…」とあなたへの熱意が急にアップ。

彼の心をこの段階まで持ってくるためには、とにかく沈黙が大事。

少しでも接触があると、ひとつ前の段階の「女の子に触りたいけど面倒じゃない子がいい」状態まで逆戻りしてしまうんだ。

だって「元カノと付き合ってた時は面倒なのが嫌だったんだ!」と思い出させてしまうからね。

それに、まだこの段階だと、彼の心は不安定で誰かと正式に付き合いたいという決意が固まっていないから注意が必要。

ここまで彼の心を持って来れても、焦って急接近すると彼がすぐに心を閉ざしてしまう。

早まった行為はしないでね。

第六段階:安定した彼女がいる生活が少し懐かしい


独り身の寂しさを強く感じるようになると、安定した彼女がいた生活が懐かしくなって過去を振り返って過ごす時間が増えていく。

その振り返りを繰り返しているうちに徐々に「彼女持ちに戻りたいな~」という決意が固まっていくんだ。

この段階では、彼自身が自分の決意を固めるまでそっとしておくのが大切。

ここで「まだ好き!」とか「もう一度付き合いたい!」とかってノイズを入れると、まとまりかけてた彼の決意が崩れて「恋愛って面倒!」って状態に戻ってしまうよ。

男は自分で心にケジメをつけないと納得しないから、それまでは何もせずに待つのが大原則!

彼の中で恋愛へのやる気が戻ってきて「彼女持ちになりたい!」って方向性が定まる…これが、冷却期間を終えてもいい目安だよ。

男性心理に基づく復縁に必要な冷却期間はこちら。彼の性格タイプ別に必要な時間を算出。

いつも一緒にいたい!寂しがりやタイプ:1ヶ月半


いつも女性と一緒にないと寂しくて仕方ない寂しがりやタイプは1ヶ月半くらいの短い冷却期間でもOK。

寂しがりやタイプは放っておくと別の女性の元に走ってしまうから、冷却期間の間も様子をこまめにチェックしたほうが良いくらい。

で、寂しがりやタイプだと冷却期間の効果があまりなくて、やり直せる可能性も高いんだけど、付き合い出したら一気に距離が縮まって再破局のリスクが高いのが問題。

そういった点から考えると、従来のルール通りの一切連絡を取らない冷却期間を設けるよりも緩くつながったままで距離を離した関係の冷却期間にしたほうが、後々に良い結果をもたらすかもしれない。

寂しがりやタイプの場合には、他のタイプとは冷却期間の使い方が少し違うってことを覚えておいてね。

俺についてこい!俺様タイプ:2ヶ月


俺についてこい!な俺様タイプは2ヶ月くらいの冷却期間が最適。

俺様タイプは、表面的には強がってるけど、実は寂しがりやで放置されるとへそを曲げてしまう性格なのが特徴。

いつもチヤホヤしてほしいから、冷却期間が長すぎると不機嫌になってヨリを戻すのが難しくなってしまうんだ。

だから、俺様タイプの場合には手遅れにならないよう、冷却期間の後半になったら用事を作って関わりを持つのがおすすめ。

もちろん冷却期間の効果が薄れるような関係は望ましくないけど、彼に「まだあなたに関心があります」ってことは知っておいてもらったほうが成功率を上げられる。

1~2週間に1回だけ事務的な用事で連絡して、彼の「構って欲しい欲」を満たしてあげると良いんじゃないかな。

尊敬しあえる関係が理想!意識高いタイプ:3ヶ月


恋愛でもお互いを高め合いたい意識高い系の彼氏だったら、冷却期間は3ヶ月くらい。

意識高い系の人は、自分が勉強したことを認めてもらいたい欲が強いのが特徴で、とにかく女の子に自慢したくてたまらない。

だから、冷却期間が長すぎると、自慢できないことでイライラが募って復縁成功率を下げてしまうんだ。

友人だとかにも、自分ができるようになったことを話しているだろうけど、男が自慢をして一番嬉しいのは恋人関係にある女の子。

次の彼女がすぐにできたとかでない限り、自分の話を聞いてほしくてたまらないから、冷却期間を長くし過ぎないほうが良いよ。

意識高い系の人はプライドも高いから、イライラして「もう元カノなんて知らない!」ってなってしまうと心を取り戻すのが難しくなるからね。

曲がったことは許せない!真面目タイプ:4ヶ月


正しいのが一番大事!な真面目タイプだったら、冷却期間は4ヶ月くらいにしておこう。

真面目タイプは頑固だから、考えが変化するまでに時間を要するのが特徴。

全ての段階で普通よりも長い時間をかけてじりじりと考えが変わっていく。

途中で少しでも納得できないことがあると、そこで思考がストップして前に進めなくなるから、場合によってはもっと長い時間が必要になるよ。

それに横から口を挟まれると、ムキになって考えを変えないのも真面目タイプの持つ特性。

余計なことをひとつでも言うと、そこで彼は心にシャッターを下ろしてしまう。

そうなると挽回するのにかなり長い時間がかかるからミスをしないように注意してね。

女の子大好き!遊び好きタイプ:5ヶ月


彼が女の子大好き!な遊び人タイプだったら、最低でも冷却期間は5か月は必要。

ただし、遊び人タイプは冷却期間中にも大チャンスがやって来る可能性があるから、常に準備万端に整えておいて!

遊び人タイプは、満足させてくれる女の子の有無が復縁できるかどうかの鍵を握るよ。

あなた以外の楽しませてくれる女子がいる場合は5ヶ月くらい待つ必要がある。

だけど、別れて1ヶ月くらい経っても癒してくれる別の女子が見つからない場合には、すぐにお声がかかるかもしれない。

気持ちの切り替えが早いのが遊び人タイプの特徴だから、冷却期間の全ての段階をわずか数日で済ませてしまうことがあるんだ。

ものすごい勢いで元カノへの嫌悪感が失われていくから、チャンスがあれば短期間でやり直せる。

冷却期間だから…ってチャンスを逃さないよう、常に戦闘態勢を整えておいてね。

恋愛に興味ない…淡泊タイプ:6ヶ月


最も長い冷却期間が必要なのが、恋愛に興味のない淡泊タイプ。

このタイプは、相手どうこうよりも恋愛への熱意が薄いから、冷却期間中にのびのびさせておかないと、もう一度彼女持ちに戻りたいと思えないんだよね。

そもそも彼女がいないままでも平気…って感覚が根底にあるから復縁も難しいと思っておこう。

だけど、淡泊タイプは恋愛への夢や憧れがないから、多少面倒なことをしても、そのうちに忘れてくれる。

淡泊タイプの特徴は、「コイツ嫌い」って負の感情を抱くのは短期間だけなこと。

他者への関心が薄いと、失敗さえも記憶からあっさりなくなるみたい…。

だから、冷却期間が終わったら、失敗を恐れずにちょっと強引目に迫ってみて。

淡泊タイプは自分からはアプローチしてこないから、待ってるだけでは絶対復縁できないからね。

冷却期間の過ごし方は復縁できるかどうかを大きく左右します。必ずやっておく事をご紹介。

友達とも会わず1人きりになる時間を作る


冷却期間は彼との接触を避けるだけでなく、友人とも会わずに1人きりの時間を作るようにしてね。

普段誰かと一緒にいる時間が長い人は気付いていないかもしれないけど、外界からの情報は心を大きく乱す要因になるんだ。

それとなく聞こえてくる人の声や笑い声、視界に入る人々の顔や動き…これらは脳の処理速度を遅らせるノイズになる。

1人きりになってしばらくは寂しさを感じるかもしれないけど、1人きりで彼との関係を振り返っているうちに、思考が驚くほどクリアになる感覚を味わえると思う。

恋愛中は感情的に物事を処理しがちだから、1人きりになってクリアな状態に戻すことが重要なんだよ。

思考がはっきりとすれば、あなたが本当はどうしたいのか、彼の本心、など物事の本質が見えてくるんじゃないかな。

冷却期間には1人で過去を振り返って、これまでの情報を整理しておこう。

そうすれば、ヨリを戻すために自分がすべき事が自然と浮かび上がってくるはず。

ただ、考えることに慣れていないと、なかなか思考が整理できないかもしれない。

そんな時に1人きりだといつまでも解決策が出てこないと思うから、どうしようもなくなったら信頼できる友達に相談するとかして解決の糸口を探してね。

悲しければ好きなだけ泣く


フラれてしまった場合は、冷却期間を設けた後すぐに突っ走らなくても良いんだよ。

冷却期間中にやるべきことはたくさんあるけど、悲しかったら好きなだけ泣くこともやっておくべきことのひとつ。

悲しみを受け入れてあげないと、次に頑張る活力が湧いてこないからね。

別れてすぐに泣けた人は、そのまま気が済むまで泣けばいいんだけど、問題なのは涙が出てこずに、彼への憎しみや「絶対奪い返してやる!」という欲望だけが芽生えている女性。

その気持ちの裏側には傷ついた心が隠れているんじゃないかな?

「憎い!」「奪い返してやる!」って思った時には、素直に泣ける場合よりも深い悲しみで心がボロボロになっていることが多いんだ。

そのままの状態で復縁活動を開始しても、上手くいかないばかりか、マイナスな感情が強まってあなた自身が余計に苦しくなる。

だから、「涙なんて出てこないし!」って強気でいる女性ほど、心を縛っているヒモをほどいてリラックスしてほしいな。

冷却期間くらいは元カレから離れて穏やかな日々を過ごそう。

最初に傷ついている自分を認めてあげてから彼のことを考えるようにしようね。

強みを見つけて自分磨きを始める


冷却期間は自分磨きに精を出すべき時期でもあるけど、強み探しを先にしないと時間の無駄遣いになるよ!

何でも良いからダイエットすればいい!って思って体重だけを減らしても、あなたの魅力を最大にすることはできない。

例えば、足のラインに自信があるなら美脚になるための努力に絞るのがポイント。

単に体重が減れば美しくなるってわけじゃないから、自分だけが持つ強みを把握しておかないと成功させられないんだ。

自分磨きは何をするかがとっても重要で、頑張ってる割に成果が出ない…って人は、強み探しで間違えてる可能性が高い。

だって脚が綺麗なのに、顔のケアにばかり時間をかけてても成果が出にくいと思わない?

顔を可愛くすることも大切だけど、「私の強みは脚!」って分かってれば、より魅力的な脚になれるような努力ができて、脚を綺麗に見せるテクを身に付けられる。

そのほうが彼を引き付けられるよ。

実現可能なゴール設定をする


冷却期間中には、実現可能なゴールを決めておこう。

最終的な目標は「復縁する」だったとしても、いまブロックされてて連絡が取れる状態ではないのなら、いきなり復縁は無理。

そんな夢みたいな目標ではなく、「彼がブロック解除してくれる」とかの実現可能な目標を立てよう。

何を目指せばいいかが分かっているのってすごく重要で、漠然と「彼とやり直したいな~」って状態と「ブロック解除してもらう」という目標がある場合とでは、行動がかなり変わってくる。

「元サヤに戻りたい」って考えても、すべき事が見えてこないよね。

だけど「ブロック解除してもらう」なら多少はアイデアが浮かんでこない?

もっと小さな目標にするのなら、「挨拶して返事をもらう」「彼の前では笑顔を絶やさない」「ヘアケアに力を入れていつも綺麗でいる」とか。

これらがブロック解除につながるかもしれないから、これくらい具体的な目標設定にしておくと良いよ。

復縁と潜在意識の関係とは?潜在意識の書き換えでやり直せる理由と成功するやり方

冷却期間中に連絡が来たり、反対に連絡したくなったり…イレギュラーな状況への対処法はこちら。

連絡が来た:用件だけ聞く


冷却期間中に必死になって連絡しないよう我慢してるのに、彼から連絡が来たら困るよね。

ここで返事をするとあなたの心が乱されて、冷却期間の目的が達せられそうにない…と思うと無視したくなるかもしれないけど、何も反応せずに無視はやめたほうが良い。

たった1回の無視が彼の恋心を消してしまう恐れがあるからね。

男はプライドが高くて傷つきやすいという一面を持っていて、機嫌の悪い時に無視されるとブチ切れてブロックされてしまうかもしれない。

だから、とりあえず用件だけは聞いておこう。

冷たい対応をするのに抵抗があるという女子におすすめなのは「体調が悪いから返事できないかも…」と言っておくこと。

生理痛でも頭痛でも何でも良いけど、調子悪くて返事もできないほどだった…という言い訳をしておけば、返信までに時間がかかっても彼も許してくれるはず。

返信までの猶予時間を作ったら、友達にお願いして返事をしてもらうという作戦も使える。

彼との距離を離しておきたいけど、無視もできない…という時は、こんな感じで対処してね。

連絡が来た:2日経ってから返信


返信が遅くても不機嫌にならないタイプなら、2日後に返信すればOK。

よほど急ぎの用事でもない限り、返事が遅れてもそれほどデメリットはないだろうからね。

それに、あなたに連絡してきた時は彼は話したい気持ちがピークになっているけど、2日も経てば話したい気持ちが落ち着いて「これ以上は話さなくても良いか…」と最低限の会話でストップさせられる。

2日も待たせるのは心苦しい…と思うのなら「別れた後に色々考えこんでて…返事が遅れてごめんね」と一言謝っておこう。

その一言があるのとないのでは印象が大きく違うからね。

連絡したくなる:挨拶だけ送る


彼が恋しくて仕方ない…となって我慢できない場合には「おはよう!お仕事頑張ってね!」とか「おやすみなさい。今日も一日お疲れ様でした」的な挨拶だけを送ろう。

本当は挨拶もしないほうが良いけど、無理に我慢すると反動でミスを犯すリスクが高まるから、「挨拶まではしてもいい!」って自分で特別ルールを作っておくのも良いんじゃないかな。

冷却期間中はルール作りがすごく重要で、ルールを作ったほうが良いんだけど、絶対に守るべき!みたいにガチガチにしてしまうとデメリットの方が大きくなる。

だから基本ルールと特別ルールの両方を作っておいて、迷った時には特別ルールに従えば良いって状態にしておくと余計なストレスを感じずに済むよ。

連絡したくなる:SNSにいいねだけする


直接元彼に連絡するよりもソフトな繋がりを持てるのがSNSの魅力。

彼の投稿に「いいね」するだけなら、彼に鬱陶しがられることもないんじゃないかな。

物凄く嫌われてしまったけど、やっぱり接点を持ちたい!って思うこともあるよね。

そんな時にはSNSをこっそりのぞいて、できれば見るだけにした置いたほうがベター。

我慢できない時には、その日の投稿のひとつだけに「いいね」をして、少し彼と関われたことに満足しよう。

これは毎日やると「元カノに監視されてるみたいで怖い…」と、彼に悪い印象を与えてしまうから、多くても1週間に2~3回にしておいてね。

復縁できたエピソード・復縁失敗してしまったエピソードの男女別まとめ。体験談からやり直すきっかけが分かる!

彼のタイプによって冷却期間を使い分けるのが復縁を成功させる秘訣


冷却期間が復縁のために必須なのは事実だけど、最も重要なのは使い方だってことを覚えておいてね。

期間にしても、冷却期間中の過ごし方にしても、これが絶対に正解!っていう正しい答えはない。

目的は、彼が再び女の子と付き合いたい心理になって、あなたに興味を持ってくれること。

その目的が達成されるための適切な冷却期間を設定して、復縁成功率を上げようね!

【期間限定・7月5日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人の事や彼氏の事、復縁を目指すべきかどうかも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

 
最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「恋愛サプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「恋愛サプリ」

恋愛サプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「恋」の「サプリ」をプレゼント!恋愛サプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG