復縁できる手紙の書き方!元彼を感動させる例文と「重い…気持ち悪い…」と思われる内容の違いを解説

  • 2019年10月20日
  • 2019年10月20日
  • 復縁
  • 83view

手紙を元彼に送る復縁方法に対しては、「効果ありそう!」と思う人と「ちょっと重すぎるんじゃ…」と不安になる人に二分すると思う。

これは、実際に手紙を使ってやり直せた人がいる一方で、手紙が原因で彼にドン引きされてしまい可能性を下げてしまった人がいるからだよね。

手紙はメールやlineと違って直筆で書くものだから、上手く使えば凝り固まった彼の冷たい心を溶かすことが可能。

そうは言っても、使い方が非常に難しいのも事実。

せっかく手紙を使うのなら逆効果にならないよう、十分に注意しなくてはいけないよ。

今回は、復縁できる手紙の書き方をレクチャーし、元彼を感動させる例文と「重い…気持ち悪い…」と思われる内容の違いを解説するね。

手紙の良さを最大限に活かしつつ、デメリットを最小限にするためには細かな部分まで手を抜かないことが大事!

手紙にしかできない裏技を使って、彼の心を取り戻そう。

でも、少しの気の緩みがあらわになるのが手紙の恐ろしさだからね。

手紙を使って元サヤに戻りたい人は、必ずこの記事を最後まで読んでから時間をかけて手紙を書くようにして!

下書きをした時点でもう一度この記事を読み返し、再チェックすれば復縁できる確率を上げられるよ。

目次

復縁したい元彼に手紙を書くメリット・デメリットはこれ。

メリット①サプライズ的な意味がある


今は日常的に手紙を使う人の数が非常に少ないから、手紙という紙媒体を手にするだけで特別感を与えられるのがメリットのひとつ。

元彼の生活スタイルや好みにもよるけど、書籍も全て電子化しているタイプだと何円の切手を貼れば手紙が送れるのかを知らない人も珍しくない。

それくらい手紙の存在が薄れてきているので、今まではメールもlineも無視されていた場合でも手紙なら読んでもらえる可能性が残ってるんだよ。

封筒に入った手紙の姿を見るだけで新鮮な感動を与えられるし、封筒を開けて便せんを取り出す、折りたたまれている便せんを広げる、数枚にわたる手紙を1枚ずつ読み進める、読み終えた後に再び便せんをたたみ封筒に戻す、という一連の作業工程自体を楽しむ効果も期待できるんだ。

今は、お金で何かを購入するよりも、体験することの価値が高まっている時代。

なんでも安価で手に入り、便利なものがあふれている時代だからこそ、レトロな手作業の良さを実感できるんだよね。

世代によっては、女性から手紙をもらうのは初めて…という男性もいるかもしれない。

その場合には、封筒を開ける作業をしたい!と思ってもらえれば、元カノへの気持ちが冷めていても手紙を読んでもらえる可能性が高い。

男性は好奇心が強くワクワクが大好きだから、彼が「中身が気になる!開封したい!」と思えるような手紙にするとより効果的だよ。

メリット②気持ちが伝わりやすい


手紙の良さは直筆だという点!

今は手書きの文字を目にすることが少ないので、もしかしたら彼はあなたの手書きの文字をほとんど目にしたことがないかもしれないよね。

学生時代ならまだしも、社会人になると手書きで文字を書く機会が激減するんじゃないかな。

恋人関係以外でも、手書き文字を目にする機会が滅多にないから、会社内の同僚の手書き文字を見て「こんな綺麗な字を書く女の子だとは知らなかった!」と文字で惚れてしまう男性もいるほどなんだよ。

手書き文字には、人を動かす力があるってことだよね。

字が綺麗かどうかだけでなく、繊細な雰囲気の文字、元気いっぱいでリズミカルな文字、女の子らしい愛らしさのある文字、等性格が出るのも手書き文字の特徴。

これはメールやlineでは決してできないこと。

どれだけ多種多様なスタンプや絵文字を使っても、手書き文字に敵うことはないんだ。

直筆の持つ力が大きいのはなんでかというと、文字に書いた人の魂が宿るからでもある。

歴史に残る書物の筆跡を見ると、文字は読めなくても心が揺さぶられるよね。

あれは何十年、何百年も前に存在した人の魂がまだ残っているからなんだ。

だから、あなたが一文字ずつ願いを込めて手紙を書けば、それが彼の心に届くよ。

今まで別の方法でチャレンジしても話を聞いてもらえなかった人は、手紙を使うメリットが大きいと言えるね。

メリット③トータルコーディネートで効果倍増


手紙の良さはアレンジがしやすいところ。

メールやlineではできることが限られてるけど、手紙には無限の可能性が秘められている。

どういうことかというと、メールやlineはフォーマットが決まっているので、限られた範囲内でしか自分流の個性を出せないよね。

でも、紙媒体である手紙は紙を手作りするところから個性を演出できるのが違い。

彼好みのレターセットを使うのも良いし、ポップな雰囲気のカードで気持ちを表現することも可能。

手紙というと封筒に便せんが入っている、いわゆる一般的なレターセットしか思い浮かばないかもしれないけど、工夫すれば完全オリジナルな手紙を作成できるんだ。

文章を書いて送るだけが手紙ではないってことを覚えておいて!

飛び出すカード形式にして、立体的に気持ちを伝えることもできるし、香りをつけて匂いで彼の心を揺さぶるのも良い。

他にも、シールやペンを多用してカラフルな手紙にするのもGOOD。

あなたのアイデア次第でなんでもできるのが手紙のメリットで、遊び心のある演出を仕掛ければ、離れてしまった彼を取り戻せるよ。

デメリット①重すぎて引かれる可能性がある


手紙の一番のデメリットは、重い…と思われると、より一層嫌われてしまう危険があること。

手紙が原因で玉砕した人は、「重い女だと思われる」という壁を超えられなかったからだと思うな。

重すぎる手紙になってしまうのには訳がある。

それは、読む人のことを考えていないからだよ。

これは、復縁に限った話ではなく人間関係の基本だよね。

重すぎる手紙を書く人は、自分の気持ちを知ってほしい!という目的で手紙を書いてる。

「私が!私が!」と自己中心的な思考になって、相手への配慮がないから「重い…」と思われてしまうんだよ。

このタイプの女性は、メールやlineも重いね。

だから、メールやlineのやり取りをしている時点で「重い女は勘弁して…」と彼氏に思われてて、そこに重い手紙を送りつけて状況はさらに悪化。

あなたがこのタイプなら、重い手紙を書いてしまわないよう、手紙を書く前に彼に送信したメールやlineを紙に書き起こすところから始めよう。

スマホに表示されているだけだと、自分がどれだけ重苦しい文面を送り付けているかに気付けないんだ。

デジタルな文字ではなく、あなた自身の手書きの文字で彼への送信内容を書き起こし、客観的に観察するために声に出して読み上げてみて。

そこまですれば、「これを言われたら重いよね…」ということが分かるはず。

誰でも重い文章を好きな人に送りつけて嫌われるミスを犯すものなので、失敗したこと自体は気にする必要ないからね。

大事なのは、これから書く手紙で同じ過ちを起こさないこと。

きちんと現実を受け入れて、自分自身が重い文章を書いてしまう特性を持っていることに気付こう。

そうすれば、手紙の文章が重くならないよう改善することができるよ。

デメリット②雑だと悪印象を与えてしまう


恋人に手紙を送って失敗した人の例を見ると、ノートの切れ端や事務用品のレポート用紙のような紙に長々と想いが綴ってある手紙を目にするけど、あれでは受け取った人に拒絶されても仕方ないと思っちゃうよね。

そこらにあった紙にボールペンでつらつらと日記のような一方的な内容が書かれている手紙が送られてきても「嬉しい!」と心がときめくはずない。

手抜きな手紙を送り付ければ、「なにこれ?」「気持ち悪い!」と思われるのも当然。

他には、きちんとしたレターセットを使ったとしても、便せんを開いたら殴り書きのような文字が並んでいたら興ざめしない?

これは、メモ書きのような走り書きで文章が書かれていると、想いを伝えたいというよりも、感情のはけ口にされた気分になり不快だからなんだよね。

雑な扱いをされて嬉しいと感じる人はいないから、いいように利用されていると思えると、手紙を読む気持ちは失せてしまう。

雑な手紙を書いてしまう理由は、重い内容と同じで相手への配慮が足りないから。

受け取った人の気持ちを推測することなく、自身の内側からあふれ出る感情をそのまま文字にしてしまうから、雑な手紙を送りつけてしまうんだと思う。

ただ、愛する人に感情を伝えたいと思うのは正常なこと。

あふれ出る感情を文字にするのは悪いことではないんだよね。

でも、それは下書きで行うべきことだから!

感情を思いっきり伝えたい人は、下書きで好きなだけ感情をオープンにすると良いよ思うよ。

本番では、あふれ出る感情をまとめ直し、読む人が不快にならないよう丁寧に書くのが手紙のルール。

間違っても下書き状態のままの手紙を送り付けるなんて失礼な行為は行わないようにしようね

デメリット③手紙を読んでもらえないかもしれない


手紙のデメリットとして忘れてはいけないのが、手紙を読む習慣がない人だと読んでもらえないリスクがあるということ。

スマホを見ない人は滅多にいないだろうけど、家の郵便受けを見ない人はかなり多いよね。

1人暮らしでチラシ位しか入らない生活だと、何か月も家の郵便受けを開けていないなんて人もいるはず。

郵送で手紙を送った場合には、郵便受けを開けて手紙に気付いてもらえないと、読まれないままで終わり。

それに、家族と共に生活をしていると、家族に「女の子から手紙きてるわよ」とからかわれて「こんなヤツ知らねーし!!」と意地を張ってその場でゴミ箱行きになるリスクもある。

手紙に慣れていない生活が普通なので、手紙を送ったことにさえ気付いてもらえない…という問題に対しては、何らかの対策を行っておくべき。

彼のライフスタイルに合わせて、せめて手紙の存在には気付いてもらえるようにしておこうね。

心配な場合には手渡しすれば、確実に存在を知ってもらえるよ。

やり直したい彼に手紙を届けると効果的なタイミング。

年末や年度末など区切りの時期


手紙を届けるタイミングは、彼の精神状態を考慮して決めるのがポイント!

人は過去を振り返ってしみじみとしたい時期と、過去をさっぱりと忘れて前だけを向いていたい時期の両方を持っているんだ。

嫌なことがあった時に、前向きに考えられる時と、過去を振り返ってばかりでウジウジしてしまう時があるのは自然なこと。

この浮き沈みは、その人個人のバイオリズムも関係しているけど、カレンダー的な要素も若干関与してる。

代表的なのが年末や年度末など、締めくくりと言われる時期。

周囲の人が「今年も終わりだねー」という会話ばかりしていたり、「今年あった10大ニュース!」のような話題が流行ると、誰でもその年を振り返るからだよ。

この時期は過去の恋愛も頭に浮かぶから、手紙を読んでもらえる可能性が高いんだ。

考えてみて!4月の新年度が始まる時には、あなたも今後の未来のことで頭が一杯だよね?

そんな時に過去の恋人からの手紙が来ても「もう終わったことだし!今はこれからのことを考えたいから!」と思って手紙を開封する意欲が半減するはず。

だけど、「今年も色々なことがあったな~」としんみりしている年末や年度末の時期なら、「元カノから手紙が…そういえば、元カノともあんなことやこんなことがあったな…」と自然と手紙を読みたい気持ちになるのでは?

年末や年度末がもう少しでやってくる時期に手紙を書いているのなら、送る時期を調整するのがおすすめだよ。

彼が窮地に陥っている時


彼の情報が入ってくる状態にある人は、彼が窮地に陥っている時も狙い目。

誰でも苦しい時に助けてもらえた言葉は頭に残るからね。

「もう人生どん底…」と落ち込んでいる時に手紙で励ましてもらえたら、一生覚えててもらえる可能性もあるほどなんだよ。

復縁できるかどうかは別にしても、好きな人を励ましたいと思わない?

だから、彼が困っていることを知った場合にも、手紙を使ってアプローチする作戦を使ってみて。

ただ、窮地に陥っている人に「復縁して!」「悪いところは直すから!」という内容の手紙はNG。

他人に構う余裕のない状態なので、あなたの要望ばかりを書き連ねた手紙をもらったら、イラつきのあまりびりびりに破られて捨てられてしまうだけだよ。

手紙は気持ちを伝える手段ではあるけれど、読む人を第一に考えなくてはいけない。

「弱っている時に優しくしてあげたら、復縁できるかも!?」と思う気持ちは分かるけど、それでは彼を本気で心配する気持ちは伝わらない。

彼が窮地に陥っている時に送る手紙は、復縁を一旦忘れて、彼を気遣う内容にしよう。

すぐにはやり直せなくても、それが妥当な方法だよ。

まずは彼を苦しい場所から救ってあげて、それから復縁について考えるようにしようね。

そのほうがあなたも彼も幸せになれるよ。

彼の誕生日など記念日


彼の誕生日を始めとした何らかの記念日も手紙を送りやすい時期。

突然手紙が送られてくると「怖い!」と思うタイプもいるので、ナチュラルな雰囲気で手紙を送りたいなら、誕生日などの記念日に結び付けるのが得策だね。

でも、間違えてはいけないのはカップル時代の2人の記念日(告白された日など)を使わないこと。

既に過去の記念日なのに、今さら「〇〇くんが告白してくれた日だよ」なんて手紙を送るとウザがられて失敗する。

だから、記念日と言っても彼自身のものにしておいて。

誕生日がまだまだ先の場合には、クリスマスなどイベントと紐づけてクリスマスカードのような位置づけで送るのもおすすめ。

イベントという理由があれば、「元カノからの手紙」という重々しさを軽減させることができて、季節の挨拶的な雰囲気で彼に読んでもらいやすいんだ。

また、本格的な手紙を書く前に暑中見舞いなどのハガキを使ってアプローチする作戦もあるよ。

いきなり手紙はハードルが高いな…と思ったら、季節の便りを上手に活用しよう。

ハガキの場合にはプライベートなことをずらずらと書くのではなく、あくまでもあいさつ程度の内容にとどめておくのが重要ポイント。

その中で彼を気遣う文章を組み込んでおけば、ハガキを受け取った彼に悪い印象を持たれることはないはずだよ

彼からの好感度が上がった時


あなたが復縁活動中で、彼が振り向いてくれそう!と期待できる時も手紙が有効だよ。

彼からの嫌われ度が高ければ高いほど、手紙の重みが重くなりがちだから、最悪に嫌われてる時の手紙はタブー。

そもそも手書きの手紙は存在自体が重いんだ。

これは悪い意味でも良い意味でも言えること。

好きな人からの手書きの手紙はメールやline以上の価値を感じる人が多いけど、反対に嫌いな人からの手紙はメールやline以上に重々しく関わりたくない存在。

つまり手紙は良い部分と悪い部分の振れ幅が大きく、絶大な効果を出せる反面、取り返しのつかないミスにもつながるということ。

だから、手紙を送るタイミングは嫌われ度ができる限り低い時期がベスト!

あなたへの好意が大きければ、手紙の持つイメージがそれだけ良くなる。

難しいのは、いつがベストかを見極めることだよね。

もう少し待ってから…と思っていると、再び嫌われてしまうことがあるから、「最近関係が上向きだな~」と思ったタイミングで手紙を出してしまうのもひとつの手だよ。

ただ、手紙は用意に時間がかかることを忘れずに!

手紙を出す準備をしているうちに、再び彼の機嫌が悪くなってしまうこともあるから、その場合にはもう一度作戦を練り直して次のチャンスを待とう。

彼の機嫌が安定していてあなたにイライラしない時期が増えてきたら、早めに手紙の準備を始めて、手紙を投函(渡す)する前にもう一度彼の様子をチェックし「今ならイケる!」と思ったら、すぐに投函(渡す)すればタイミングを逃さずに済むよ。

あなたが復縁を諦める直前


あなたが復縁を諦めて全てを終わりにしようと決意した時も手紙に適したタイミング。

なぜなら、決着をつけたことであなたの中の気持ちが整理されていて、重くない好感度の高い文章が書けるから。

ハッキリ言って、復縁を心待ちにしている状態で手紙を書くと、よほど気を付けない限り重々しい内容になるのが普通。

でも、復縁を諦めて執着を手放した時期なら、彼への感謝が自然と心に浮かび理想的な手紙が書ける可能性が高い。

本気で復縁を諦めているのなら、不必要に彼を責めたり何かを要求する言葉は出てこないだろうから、彼にも誠意が伝わるはず。

そこで彼がやり直したいと思ってくれるかどうかは分からないけど、悪印象だけを残して関係が終わることはないはずだよ。

読んだ後に清々しい気持ちになれる手紙を出せれば、すぐには元サヤになれなくても彼と良い関係に戻れるよ。

元彼を感動させて復縁できる手紙はこう作る。正しい書き方とOK例文

最初から最後まで内容を統一する


手紙の文面は言いたいことを1つに絞り、意見を統一することが大切。

どうしてかというと、恋愛中の乙女の心は複雑で、感情を上手く表現できるセリフが見つからないと「ああでもない、こうでもない」と何が言いたいのか分からない文面になりがちだからだよ。

NG例:〇〇くんとやり直したい。でも、私にそんな価値があるのか分からないけれど・・・。もう一度やり直せたら、上手くいくように頑張るつもり。自信はないけど、次は上手くいくと思わない?もしかしたら、もう一回やり直してもまた同じことを繰り返すかもしれない…って不安はあるんだけどね。

OK例:私は〇〇くんともう一度付き合いたいと思ってる。次は絶対に上手くいくよう、頑張るつもりだよ!同じことは繰り返さないって心に決めたから。

正直なところ、NG例の文章のほうが気持ちにマッチすると感じる人が多いかもしれない。

「上手くいくかな~?どうかな~?でもやり直したい気持ちがある!」という複雑な心境を持つ人が多いんじゃないかな。

だけど、それをそのまま文章にすると、読み終わった後に「それで?言いたいことは何?」という感想で終わってしまうのが大問題。

やり直したい!という強い気持ちがあるなら、それが彼に伝わらないと意味がないので、読み手の立場に立って、言いたいことが伝わるかどうかを確認しよう。

そのためには、下書きの状態で、NG例のような文章を好きなだけ書いてみると良いよ。

人は気持ちを言葉にせずに腹の中に溜め込んでいると「ああでもない、こうでもない」と言いたくなるもの。

下書きで全てを吐き出して、それを眺めて大事な部分だけを抜き出して、本番の文面を考えてみて。

そうすれば、一番言いたいことだけで構成された手紙を作成できるよ。

主語は自分をメインにする


手紙に書く文章は、主語を自分にするのが基本。

NG例:〇〇くんは、いつも私との記念日を忘れてたよね。それに対してグチグチ言ったの悪かったと思ってる。

OK例:私は〇〇くんが記念日を忘れた時に悲しい気持ちになって、ついついグチグチ余計なこと言っちゃったんだよね。本当に反省してる。

NG例のように「彼」を主語にした文章にすると、手紙を読んだ時に「俺の悪いところを指摘したいわけ?責められてる気がして不快!」という印象を与える危険があるんだ。

それに比べると、主語を自分にしたOK例は、彼を責めるわけではなく、その時の気持ちを主体にしたイメージを与えられる。

全ての主語を自分にするのは難しいかもしれないけど、同じことを言うのでも言い方ひとつでイメージが変わるということを覚えておいて!

言いたいことをつらつらと書くだけだと、NG例のような文章ばかりになってしまうよ。

それでは手紙を最後まで読むのも嫌になるから、読む人がどんな気分になるかを考えて、言い方を考えよう。

また、主語を自分に!と意識し過ぎると「私は~」「私は~」の連続になるかもしれないけど、日本語の場合は文章に「私は」を多用し過ぎると、押しつけがましい印象になってしまう。

自然な流れになるよう「私は~」を省略した文章も入れて、全体のバランスをとってね。

お節介な一言を入れない


冗談のつもりでお節介な一言を言いたくなる人は、手紙でもお節介な一言を入れて彼をムカッとさせてしまわないよう要注意!

口で言うのなら冗談で通用することも、手紙だと不快にさせる危険が高いからね。

NG例:あの時〇〇くんが寝坊したの色々と大変だったけど、良い思い出だよ。でも、いい大人なんだから、そろそろ1人で起きれるようになろうね!

OK例:あの時〇〇くんが寝坊したの色々と大変だったけど、良い思い出だよ。でも、今はきっと1人で時間通りに起きられるようになってるよね。

手紙は文字だけのやり取りだということに加えて、男はお節介な発言が大嫌い。

好きな女性からなら、余計なことを言われてもコミュニケーションの一環として受け取ってもらえるけど、好きでもない女から余計なことを言われると確実に印象を悪くする。

手紙には不必要なことは書かず、良いイメージを与える内容を中心にしてね。

彼の判断をジャッジしない


復縁したいのにできないということは、彼に拒否されているということだよね。

彼が振り向いてくれないことへの不満があるとは思うけど、彼の判断をジャッジする行為は絶対に避けてね!

NG例:私とやり直さなかったこと、きっと後悔するよ。だって私も過去に同じようなことがあって、仕事が忙しいって理由で復縁するかどうか迷って結局しなかったんだ。だけど、何ヶ月か経ってからすごく後悔して…。〇〇くんにはあの時の私みたいに後悔してほしくないから、こんなこと言うんだよ。仕事を優先させて、復縁しないと絶対に後悔するから!〇〇くんも間違った判断してることに気付いて!

OK例:仕事が忙しいから、もう私とは付き合えないって聞いた時はショックで立ち直れなかったけど、その後お仕事の調子はどう?まだ忙しいままなのかな?だとしたら、ずっと働き詰めで疲れがたまってるんじゃない?体調崩してないか心配だよ。そんな忙しい時にこんなこと言うのも気が引けるけど、私はやっぱり〇〇くんがまだ好きで・・・・・(と、復縁したい旨の内容につなげる)

自分の判断を批判されて嬉しいと思う人はいないから、どうにかして彼の気持ちを動かしたいと思っても、彼の判断を批判したり、説得したりすることはしないほうが良いよ。

復縁という目的しか目に入らなくなると「この言い方をすれば彼が過ちに気付いてくれるかも!?と自己中心的な思考に陥りやすいんだ。

だから、一度冷静になって手紙の内容をチェックしてみて。

人はコントロールされそうになると、意地を張って相手に反発する。

あなたの判断は間違っている!という理屈で説得できるケースもあると言えばあるけど、上手くいく可能性は限りなく低いので使わないほうが賢明だよ。

読みやすい流れにする


手紙を書く時には、全体の構成にも気を付けて!

lineで短文のやり取りしかしたことがない人だと、支離滅裂な文章の手紙が出来上がることがあるから注意してね。

大まかな流れとしては「①挨拶→②本文→③締めくくり」で、②本文の中でもいくつかのパーツに分けて考えると、読んだ人が理解しやすいと思う。

②本文では、まず言いたいこと(復縁したい等)を書いて、次にその理由を書くようにすれば、意思が伝わりやすいよ。

ダラダラと感情を書き連ねるのではなく、大事な部分が頭に残るようにするのがポイントで、とにかく不必要な部分は省こう。

特に本や文章を読まない習慣の彼氏に送る場合には、文字数を少なくしてね。

普段から、写真や動画を主体とした情報にしか触れていない人は、文字がたくさんあるだけで読む気が失せるからだよ。

その場合には、写真を使うなどして、情報の伝え方を変えよう。

「〇〇にデートに行った時にこんなことがあったよね。それで・・・」と文字で長々と説明するよりも、その時に撮った写真を一枚同封するほうが、過去をイメージしやすい人もいる。

漫画好きで文章が嫌いな人も、絵や写真を使ったほうが良いね。

逆に小説を読むのが好きなタイプには、美しい日本語の流れになるよう工夫しよう!

文字だけで彼のハートを射止めてね。

OK例:
①挨拶
お久しぶり!元気だった?

②本文
私はまだ○○君のことが忘れられないんだ。仕事で忙しいから前と同じようには付き合えないのは分かってるけど、たまにしか会えなくても良いから、もう一度私と付き合うの考えてみてくれないかな?次こそは〇〇くんと楽しい時間が過ごせるよう、心を入れ替えて頑張るよ。寂しくても我慢する!前みたいに一緒にお買い物やカフェ巡りできたら嬉しいな…。

③締めくくり
もし話くらいならしても良いかなって思ったら、連絡してね。

元カレに「重い…気持ち悪い…」と引かれてしまうよ。復縁が失敗する手紙の内容とNG例文

感情の殴り書きはバツ!


勢いで手紙を書いてしまった人にありがちなのが、感情の殴り書きで構成された手紙。

書いていると感情が高ぶって、あれも言っておきたい!これも!と次々に言いたいことが浮かぶのは分かる。

でも、感情をぶつけられて喜ぶ人はいないから、せめて感情を整理してから手紙を書くようにしよう。

NG例:私は本当に〇〇が好き!世界で一番好きだし、〇〇のためならなんだってできる。誰よりも〇〇を理解してるから、もう一回チャンスをくれたら、きっと私たちは幸せにやっていけるよ。今までの人生でこんなに好きになった人はいないし、今後も〇〇以上に好きになれる人はいない。〇〇なしの人生なんて考えられない!○○なしでは生きていけないの!お願いだから私のところに戻って来て!こんなに好きなのに分かってもらえないの、本当に悲しい…。どうしたら私の真剣な想いが〇〇に届くのかな。・・・・・(と、独り言のような感情の羅列が続く)

可哀想な自分に浸り過ぎるのは危険


手紙には反省を書くと良いとも言われるけど、可哀想な自分に浸った反省は重苦しい雰囲気を与えてしまい逆効果だから注意しよう。

彼のタイプや別れた原因によっては、反省を中心にした文面が理想なのは確か。

でも、反省を繰り返した手紙は「どうせ口ばっかでしょ?」と、うさん臭さを与えるのが問題。

男は言葉で反省するよりも、行動で反省したところを見せないと納得しないんだ。

だから、謝罪や反省は書くとしても簡潔にまとめたほうが印象が良くなるよ。

NG例:あの時○○君は、付き合ってから私が太って女を意識しなくなったのが嫌だって言ってたよね。彼氏ができたことで気が緩んで、女としての努力を怠ったこと本当に反省してる。こんなだらしない女じゃ〇〇くんに嫌われても仕方ないよね。今回振られたのは全部私のせいだと思ってるし、愛想尽かされるのも当然だと思う。私って、いつもこうなんだよね。好きな人ができても、どこかで失敗して嫌われちゃう。元々スタイル良くないのがコンプレックスなんだけど、少し痩せたくらいではスタイル良くならないし…って思うと頑張れなくなって…こんな自分が情けないよ。もっと〇〇君に好かれる女性になりたいのに、いつも空回りしてばかりで、どうして私って女としての魅力をつけられないんだろう…こんなんじゃ女失格だよね。本当にごめんなさい。

ポエムっぽいのは相手を選んで使う


一見前向きに見える言い回しも、ポエムっぽい雰囲気だと相手を選ぶので注意してね。

詩や名言などが好きで、彼自身もポエムっぽい言い方でSNSに投稿するタイプなら、少しカッコつけた言葉もOK。

だけど、女性よりも男性のほうがポエムっぽい雰囲気を嫌うので、あまり凝った言い方はしないほうが安全だよ。

NG例:今日の私は何かが違う。それは〇〇のために生まれ変わったから。これからの未来に乾杯。私たちの新しい関係が始まることを夢見て…。私があなたに愛される資格があるかどうかは分からない…でもこれだけは言える。私はあなたを愛してる。私たちはきっとうまくやっていける。そう信じてる。

手紙を書いたのに返事なし…そんな時でも復縁に繋げる方法はある。

季節のお便りを出して日常的に手紙を使う


手紙を書いて音沙汰なしの場合は、基本的には返事を要請したり、追加で手紙を送るのはやめておこう。

手紙自体が重苦しいものだから、それ以上彼を追い詰めても良いことはないからね。

その代わりに、一度でも手紙を出したのであれば、それ以降も季節のお便りを出してみるのも良いかも。

年賀状だけでなく、寒中見舞い、余寒見舞い、暑中見舞い、残暑見舞いなど、時期に合わせて短い文面だけのお便りを出せば、「そういえばこの前も手紙もらったけど、返事してなかったな」と思い出してくれるかもしれないよ。

または「手紙よこすって重すぎ…と思ったけど、元カノは今手紙に凝ってるだけ?だとしたら、あの手紙もそこまで深い意味はなかったのかな?」と、過去の手紙の重苦しさをカモフラージュさせる効果も期待できるんだ。

あんまりしつこく季節のお便りを出すのも危険なので、2~3通送っても彼の反応がない場合は、それ以上は何もせずに冷却期間を置いたほうが良いね。

もしかしたら、手紙をもらっても「返事って手紙で出すべき?オレ手紙とか書いたことないし…困った…」って、どう返事をしたらいいか分からないだけかもしれないから「よかったらlineしてね!」って一言を添えておくと、彼も返事がしやすいと思うよ。

3ヶ月後に1回だけ連絡する


手紙を送っても効果がないままで時間が過ぎた場合は、3ヶ月を目安にして次の行動を決めよう。

彼が返信内容を考えている時に返事をせっつくと嫌われてしまうから、3ヶ月間は静かに待ってね。

3ヶ月経っても一言の返事もない場合は、「手紙って届いたかな?」と聞いてみて。

この時には「読んでくれた?」って聞かないほうが良いよ。

手紙を読むかどうかは彼が決めることなので、読む前提で話をすると届いたけど読んでない場合に不快な気持ちにさせる危険があるからね。

あくまでも手紙の存在を知っているかどうかだけ聞くのがポイント。

もし、届いたけど無視しているようなら、それ以上は何も言わずに彼と距離を置いて次のチャンスを待つしかないね。

でも、届いたことに気付いていなければ、このお知らせがきっかけで手紙を読んでくれるかもしれないよね。

「手紙?なにそれ?知らない…」と言われた場合には、郵便受けを探してもらうか、もう一度書き直したものを渡すかして、あなたの気持ちを知ってもらおう。

諦めずにSNSの更新をこまめに続ける


手紙では彼の心を動かせなかった場合には、手紙作戦は諦めて、SNSでも更新して彼の目に留まる努力を続けよう。

精一杯手紙を書いてもダメだったのなら、別の方法を試すしかないよね。

それに、手紙が威力を発揮するのは主に1回目なんだ。

2回3回と送り続けると新鮮味が失われて、重いだけのものに成り下がってしまう。

だから無駄に2通目3通目を送るよりは、SNSのほうが効き目があるかもね。

SNSなら彼にだけアピールするわけじゃないから、彼も負担に感じることなく見てもらえるはず。

手紙で上手くいかずに何もしないと、そのまま完全に忘れ去られてしまうかもしれないから、せめてSNSだけでもこまめに更新しよう。

SNSでの投稿に興味を持ってくれた彼氏が「今更だけど…」って手紙の返事をくれる可能性が残されているよ。

手紙を使って復縁するのなら手抜きは禁物!


手紙で彼の心を動かしたいのであれば、準備に時間と知恵を使うことが大切。

深く考えもせずに手紙を送り付けるだけで復縁を成功させられることはまずないからね!

だけど、彼の心に響く完成度の高い手紙が作れれば、成功率を上げられるよ。

そのためには、あなたが書きたいことではなく、読んだ人がどう思うかを基準にして手紙を書くようにしよう!

それに、手紙はトータルコーディネートが大事だから、全体のまとまりもよく考えてね。

新鮮な感動を与えられる手紙を使えば復縁が叶うよ!

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「恋愛サプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「恋愛サプリ」

恋愛サプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「恋」の「サプリ」をプレゼント!恋愛サプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG