離婚したけど復縁したい!調停しててもやり直せる?成功率や必要な期間などを解説

  • 2020年3月8日
  • 2020年3月8日
  • 復縁
  • 157view

結婚の何倍も大変だと言われる離婚。

色々な手続きが終わって、これで新しい生活を始められる!と前を向ける女性がいる一方で、

「旦那が忘れられない…」

「どうして別れるって言っちゃったんだろう…」

と自らの決断を後悔する人もいる。

納得できない理由は様々で、元夫から「終わりにする!」と告げられて強引に関係を断たれてしまった、自分から離婚を切り出したけど離れてみたら復縁したくなった…など。

入籍した時にはおじいちゃんおばあちゃんになってもずっと一緒にいるところを想像してたのに、道半ばで離れ離れになる結果になると色々なことを考えてしまうよね。

今回は離婚したけど復縁したい女性のために、婚姻関係を解消した後のカップルの復縁成功率ややり直すまでに必要な期間などを解説するね。

他にも、よりを戻すためのきっかけ、もう一度夫婦に戻るためのアプローチ法、再婚した後に気を付けることもお話するよ。

婚姻関係が破綻したカップルが再度良い関係を築けるようにするには、2人だけでなく子供や実家など家族のことも考えておくことが大切。

再婚を目指している人は、周囲の人達のことまで考えて関係を修復していってね。

目次

別れた夫ともう一度夫婦になれる?離婚事由と復縁成功率の関係。

成功率が高い:実家付き合いなど自分達以外が原因


破局理由が嫁姑トラブルだったケースは、本人とは別のところに問題があるから復縁成功率が高いよ。

特に復縁だけ(再婚を望まない)であれば、かなり高い確率でやり直せると思う。

だって彼と婚姻関係を結ばなければ、トラブルの元だった姑とは距離を置いた関係でいられるからね。

運が良ければ彼と同棲をして生活を共にしつつ、姑とは一切顔を合わさずに過ごせるかもしれない。

彼もあなたと自分の母親の仲が悪いことを知ってるだろうから、「入籍しないのならOK!」とあっさりよりを戻してくれる可能性が高い。

もうひとつ期待できるのが、2人が仲違いする原因になった姑がこの世を去るか、加齢によってあなたを攻撃するパワーが衰える可能性があること。

ひとつ上の世代とのトラブルは、時間の経過と共に相手が弱ることが多いからあなたが有利だよ。

そんな展開になったら再婚までもスムーズに進むだろうね。

問題は姑が元気な状態なのに再婚したいと思っているケース。

その場合には、元夫と入籍した途端に義実家との付き合いが再開するから、何らかの対策を立てておかないと再びゴタゴタした問題に巻き込まれてしまう。

元旦那と相談するのはもちろんだし、義実家の人とも入籍前に話し合いをしておいたほうが安全かもね。

成功率が高い:1回きりの浮気


離婚事由で最も多いと言われているのが、パートナーの浮気。

もし元旦那が浮気したのが原因で破局したのなら、あなたが許してあげさえすれば復縁も再婚も簡単。

でも安易に再婚を決めると、また浮気されるから気を付けてね。

離婚後に経済的困窮が理由で浮気した夫との復縁を望む女性が結構いるけど、お金で女を取り戻せると知った男は「俺の経済力がある限りこいつは俺から離れない」と思うから、再婚後に浮気を繰り返される。

かといって生活できないほどに苦しい状態が続くのも困るよね。

経済的な理由で再婚するかどうかは悩ましい問題なんだけど、浮気した男性と復縁する時には慎重に決めないと後悔するよ。

そして、あなたが浮気して破局した場合でも1回限りだったらやり直せる可能性が高いと思ってOK。

夫婦になったほどの間柄だと、プライドの高い男性でも元妻と離れているうちに「寂しい…」「あいつどうしてるかな…」という感覚になって浮気したことへの嫌悪感が薄れていく。

中には「浮気した女は絶対にダメ」ってタイプもいるだろうけど、ただの恋人同士ではなく夫婦になった場合には1回きりだったら許せるって男性が多いと思うよ。

成功率が高い:家事分担など改善しやすい理由


夫婦になると生活を共にするから、楽しいこと以外に面倒なことも共有しないといけないのが難しさ。

恋人同士の時にはラブラブでも、共同生活をするようになって家事分担などで揉めて破局する夫婦も多い。

最初は「食器洗い早くしてよ!」って些細な喧嘩だったとしても、毎日同じことが繰り返されるとイライラが募っていき、洗ってない食器を見るだけで激しい口論になったりしてね。

でも、家事分担みたいな作業が理由で仲違いしたのなら、解決策がたくさんある。

家電導入でも良いし、自分が使った食器は自分で洗う方法にしても良い。

相手への嫌悪感が元になっているわけじゃないから、家事分担など改善しやすい理由の場合には復縁成功率が比較的高いよ。

成功率が低い:育児放棄など子供に関すること


復縁成功率が低いと考えられるのは、育児放棄などで子供への被害があった場合。

自分だけが被害を受けたならまだしも、子供にまで悪い影響がある理由だと、信頼を回復するのが相当難しいからね。

育児放棄以外にも、子供の教育方針の違いだとか、子供が関わってくると問題が複雑化しやすいんだ。

子供の存在はお互いに物凄く大きいから、どっちもが「一歩も譲らない!」って状態になるんだよね。

それで、最初は子供に関することだけで衝突してたのに、段々と理解してくれない相手への憎悪感が強まってしまう。

子供に関する意見の違いだけなら復縁できる可能性があるけど、大体は考え方の違いを超えて相手への憎しみが強まってるから関係修復が難しい。

「俺の子供まで不幸にされた!」と思うと、消えない負の感情が芽生えるんだろうね。

だけど、子供に関する考えの違いが理由の場合には、子の成長によって復縁成功率が高くなるのが特徴。

子供が大きくなって自立してこればトラブルの元がなくるし、相手も「子供が無事に大きくなれた」と安心できることで元嫁との関係を再開しても良いかな…という気分になりやすいからね。

成功率が低い:性格や価値観の相違で完全に嫌われた


性格や価値観の相違が元で離婚する人も多いよね。

この場合には違いが元でどれくらい嫌われているかが今後の明暗を分ける。

性格がちょっと合わないな…と思われただけなら復縁できる可能性が残されているけど、それくらいで離婚することはまずなくて、性格の違いに対して「本当に性悪な女!」「コイツの性格のこういうところが大っ嫌い!」これくらいドロドロな感情が芽生えているケースが大半。

それだと完全に嫌われた状況だと言えるから、相手の中にある負の感情が消えるまでに長い時間が必要だよ。

離婚を決意するほどってことは、普通に嫌われたのとは違うってことね。

婚姻関係を結んでいない恋人同士の場合には性格や価値観の相違で嫌われても復縁できるけど、結婚した後に性格が原因で離婚までされたのなら前途多難な復縁活動になると思うよ。

成功率が低い:不満をため込んだ期間が長い


熟年離婚のように、何年も不満をため込んだ状態で離婚に踏み切った時には、復縁できる可能性はゼロに近い。

理由は、不満を抱えた時間が長ければ長いほど、マイナス点が大きくなるから。

「この人と一緒に生活するのイヤだな」と思っても1年位だったらマイナスポイントは10点くらい。

嫌々生活を共にする時間が2年になると不満がつもり募ってマイナスポイントは一気に50点、3年目は200点…という感じで加速度的にマイナスポイントが増えていき、10年間ずっと不満を持ち続けると恐ろしいほどのマイナスポイントになってる。

そこまで不満がたまったら、相手はあなたと離れることしか頭にない状態。

離婚後には清々しさでいっぱいで、再婚も復縁も考える余地が全くない感じだと思うよ。

離婚した元夫婦だからこそ使えるやり直すためのきっかけはこちら。

子供関連の行事に一緒に出席する


子はかすがいと言われているのは事実で、子供がきっかけになって夫婦関係をつなぎ止めていられる事例はとっても多い。

それは破局後も同様だし、婚姻関係が解消されても2人の子供であることには変わりない。

そして、離婚する時には相手への負の感情だけが心を占めていた人も、相手と距離をとった生活に変わると、心が徐々に落ち着いてくる。

そんな時に、子供たちと元パートナーが一緒にいるところを見ると「もう一度家族みんなでやり直したいな」と思うもの。

特に子供が大喜びしてるようなイベントは、親の心を動かす力が大きいよ。

バースデーパーティーや運動会、父の日、母の日、クリスマスとかが、復縁のきっかけとして最適。

「家族みんなで一緒にいたい」と思ってもらえるような準備を整えておけば、元夫とやり直せる確率が高まるよ。

あと、家族全員で過ごす時には、いつもは別々に生活している大人と子供とのムードが良いことが絶対条件。

あなたが養育しているなら、彼は久しぶりに会う子供たちとの会話に緊張しているかもしれない。

だから、養育係であるあなたが間に入って皆が緊張せずに過ごせるよう配慮してね。

手料理を作ってご馳走する


妻がいなくなった男性が一番困るのが毎日の食事。

総菜や外食で食べること自体には困らないけど、手作りの味に飢えて寂しい思いをしている男性は非常に多い。

女性に料理を作ってもらうことは男にとっては特別で、どれだけ贅沢な料理よりも価値があると思っているんじゃないかな。

夫婦でいた頃にはあなたの料理を食べていた男性なら尚更その思いが強いから、手作りの料理を食べさせてあげれば、舌への刺激で彼の心を取り戻せる。

手料理で彼をもてなす時には、あなたの得意料理ではなく彼が好きなメニューにしてね!

得意料理を振舞いたいと思うのも分かるけど、男を動かすには「おふくろの味」みたいなものが一番威力が強い。

おしゃれなグラタンとかサラダとかよりも、唐揚げ、ハンバーグ、餃子、カレーみたいな男子が好むメニューが良いよ。

元旦那さんの好物の中でも特に心を動かせそうなメニューを考えてみて。

お気に入り料理を何度も食べさせてあげれば、あなたと一緒に生活することを思い浮かべるようになってスムーズに復縁できると思う。

料理がきっかけでやり直せた時には、そのまま再婚までできる可能性が高いのがメリットだよ。

独身時代と同じ内容のデートに誘う


夫婦になると独身時代とは違った関係になるのが普通だけど、離れた彼の心を取り戻すためには独身時代に戻ったかのような雰囲気で過ごすのがおすすめ。

結婚は人生の墓場と言われるように、結婚生活は男にとって楽しいものではなくて、生活感が出てしまうと相手女性への好意が失われやすいんだよね。

だから、もう一度元夫に好きになってもらうために、独身時代を彷彿させる過ごし方をしてみて。

結婚前によく行っていたデート場所に出向く、初めてデートしたレストランに行く、みたいな感じでキラキラしてた時代を再現しよう。

そうすれば、「忘れてたけど、この子と付き合ってた頃幸せだったよな…」と結婚前の気持ちになってくれるはず。

夫婦になってからは良い思い出がなかったとしても、恋人時代には幸せいっぱいだったよね。

それは彼も同じで、結婚をするという大きな決断をくだすほどにあなたを愛していた。

一番愛情量が多かった結婚前の状態に戻すことを目標にして彼をデートに誘ってね。

元夫の実家に関する話題を出す


夫婦ならではの会話が、お互いの実家に関すること。

家族ぐるみでの付き合いをしてたからこそ知ってることがあるよね。

彼のママはいつも母の日の贈り物を楽しみにしてる…とか。

そんなエピソードを思い出したら、彼に連絡したついでに「今年の母の日は何を贈るか決めた?」と聞けば、「何にするか迷ってて…何か良い案ある?」「じゃあ週末に一緒に買い物行く?」と会う約束ができるかもしれない。

自分の実家関連の話を相談できる人は限られているから、あなたから話題を振られたら「この話ができるのは元嫁だけ…」という思いが強くなり、あなたの存在価値が上がるよ。

家族のことまで友人に相談できる女性と違って、男性は親しい友達でも家族のことは言わない人がほとんど。

だから、実家の話ができる人は、兄弟や親戚など限られた人だけなんだ。

「母の日のプレゼントどうするか誰かに相談したいな~」と思いながらも「実家の話が気軽にできる人なんていないしな」と諦めてるところにタイムリーに元嫁から連絡があれば、「実家の話がすぐにできる人がいる状態って心地良いな」と思うよね。

これがきっかけになれば復縁は難しくないよ。

病気になった時にヘルプをお願いする


元は家族だった人になら病気の時にヘルプをお願いしても不自然ではないよね。

特に子供がいるシンママさんは、自分が病気になった時に子供の面倒を見る人がいなくて困ると思う。

そんな時には、素直に元夫に甘えて「助けて!」と言おう。

女性が困っている時に助けを求められると「俺が支えてあげないとな」と男は思うものだし、お願いされたことに喜びを感じるんじゃないかな。

それに、嫌いになって別れた元嫁だったとしても、弱っているところを見れば「可哀想…助けてあげたい」という気持ちが芽生える。

それまでは復縁なんて考えたこともなかった男性でも、元嫁が病気になって困っている姿を見ると「俺がいないとコイツはダメなんだ」と思えて復縁を視野に入れ始めると思う。

あと、助けてもらったら心の底から感謝しているところを伝えてね。

助けてあげた女性に全力で感謝されたら男はたまらない気持ちになるから、心をグッとつかめるよ。

それに、病気の時に助けてあげる経験をすると、「魔族みんなで助け合って生きていくのって良いものだな」という意識を持ちやすい。

恋愛感情を超えて家族愛を抱かせられれば、彼の心を大きく動かせるよ。

結婚を叶える復縁カップルの特徴は独特なよりの戻し方。普通とは違う復縁・結婚のきっかけ

調停を経て離婚したなら復縁するためにこうアプローチしよう。

元夫の現在の状況を正確に知る


調停離婚をする状態にまでなると、普通に会話する関係ではなくなりかなりの険悪ムードになるから、離婚成立後に元旦那さんがどんな生活をしているのか全く分からない状況になる人もいると思う。

そんな状況から復縁→再婚という流れを希望するのなら、何よりも先にしないといけないのは情報収集。

離婚後に生活を別にして、彼は今までとは別人のように変わり果てているかもしれない。

恋人と別れるだけでも大きな出来事だけど、離婚はその何百倍も衝撃が大きい。

夫と離れて1人で生活を始める女性は経済的な面での心配をする人が多いよね。

でも、妻と離れた男性は精神的な面で強いダメージを受けるんだ。

だから、ショックでやる気がわかずに仕事を辞めてしまったかもしれないし、ギャンブルに手を出しているかも。

それくらい激変してる可能性があるから、彼が今どんな生活を送っているのかなどを調べるところからスタートしよう。

もし一切の連絡手段を断たれているのなら、彼と連絡を取り合える方法を確保しないといけないよ。

連絡手段を確保するだけで年単位の時間がかかるケースもあるけど、諦めずに気長に取り組もう。

この最初のステップ(連絡手段の確保)をクリアできたら、復縁成功率がグッと高くなるからね。

最初は良い雰囲気で会話することだけを目標にする


彼とやり取りできる関係になっても焦りは禁物だよ。

調停離婚までもつれ込んだカップルは、2人だけでは会話さえままならないほどに関係が破綻してる。

協議離婚ではなく調停離婚をしたってことは、第三者の助けがないと話し合いができない状態だってこと。

そこまで最悪な関係になったカップルがやり直すのは並大抵なことではないから、やり取りができても距離を縮め過ぎないようにしないといけないよ。

元夫婦だと全てを知り合ってる関係だという理由で、数年ぶりの会話でもついつい無遠慮な発言をしがち。

せっかく彼と連絡が取り合えるようになっても、ムカッとさせて調停委員との話し合いをしてた時期の記憶が蘇ったら復縁は絶望的。

だから、初対面の男性に出会ったつもりで彼とやり取りをしてね。

相手はあなたに良いイメージを抱いていないだろうから、普通の会話さえもぎこちなくなると思うけど、最初はそんなものだと思って距離感の遠い状態をキープしよう。

徐々に彼の心がほぐれてきたな…と思えたら、離婚に関することなどプライベートな話題を出してもOKなサイン。

その段階に進むまでは当たり障りのない話題で信頼関係を作り直してね。

このステップをすっ飛ばしていきなり復縁の話を出すとあなたへのマイナスイメージが一気に強まるから注意してね。

離婚後の気持ち・改善したことを素直に話す


突っ込んだ話をしても関係が崩れないほどまで安定してきたら、いよいよ離婚や復縁の話を出すステップに入る。

ここでは、悪いイメージを持たせないようにすることが大切で、当然だけど「別れた時にあなた酷いこと言ったよね」「財産分与の仕方に不満を持っている」みたいな話題はNG。

それよりも「あなたと離れて後悔している」「酷いこと言って反省してる」「あなたに言われた欠点を直した」という感じの内容にして、離婚後の心境や改善したことを中心に伝えてみて。

だけど、いきなり別れた時のことを勢いよく話すのはダメ。

離婚はお互いの心に深い傷を残しているから、少しずつ小出しにして心を慣れさせていく必要があるんだ。

復縁したいと思うと、別れた時のことについて話したくなると思うけど、彼にとっては破局当時の話をするのはかなりエネルギーを消耗すること。

思い出すだけでも辛いのに、それについてあれこれ言われると、聞いているだけだったとしてもぐったり疲れ切った状態になると思う。

だから、最初は「1人で生活し始めたら寂しくてね…」くらいから始めてね。

調停離婚後の心の傷は相当深いから慎重に距離を縮めていかないといけないよ。

2人だけで会う機会を作る


調停離婚をしたカップルは、2人で冷静に話し合えなかったことがお互いの心に引っかかったままになってるよね?

そこが復縁できるかの大きな壁で、2人きりで会うとまた喧嘩になるのでは?という不安があると思う。

だから、家族全員で大勢でいる時には良い雰囲気でいられても2人きりになったら危険…という思いがあると彼は復縁に踏み切れないんだ。

その壁を乗り越えるために、2人だけで会う時間を意識的に作ってね。

何度も2人だけであって長い時間を過ごしてみて、喧嘩せずに良い関係を築けそう…という自信が芽生えれば彼の中に「元サヤもありかな…」という気持ちが出てくる。

調停離婚後に同じ相手ともう一度深く関わることに強い恐怖感を抱く人は多くて、それは調停の最中に強いストレスにさらされているからなんだよね。

「二度とあんな苦しい思いをしたくない」と思えると、よりを戻すのに消極的になってしまうのは当然のこと。

復縁希望のあなたは彼を取り戻したくて仕方ない気持ちがあっても、彼は「復縁に踏み切れない…」って状態だってことを覚えておいてね。

元サヤになるためには、彼の中にある復縁に対する恐怖心をなくすことが大切。

このステップを省略して強引に子供と会わせたりして距離を縮めても逆効果なんだ。

心のシコリを残したままで復縁すると再破局するリスクが高いから気を付けてね。

家族も交えて顔を合わす機会を増やす


彼があなたと夫婦に戻ることに抵抗感を示さなくなってきたら、今度は家族の絆を強めるステップに入る。

子供がいる人は子供も交えて家族全員で会う機会を作ろう。

子供がいないカップルの場合には、2人の関係が良くなればよりを戻す話を出しても良いけど、再婚まで視野に入れている場合には先々のことまで考えて彼の家族、つまり彼のご両親だとかにも接触しておくのがおすすめ。

調停までした元嫁を付き合うとなったら反対するのが普通だし、一言伝えておけば最悪のイメージを持たれずに済む。

彼はあなたとよりを戻す気が出てきても、「でも元サヤになったら、また実家の母はと上手くいかないかも」「よりを戻したいけど子供と良い関係が築けるか不安」と、家族に対する心配事が出始める。

1回結婚を経験して、恋愛と結婚は別なんだという経験をしたら初婚の時のように「好きだ!入籍しよう!」とはならないものだよね。

「好きだ!でも…」となるのが当然だから、家族にまつわる不安もできる限り取り除いておこう。

これはあなたのためでもあって、好きな男性の心を取り戻せそうになると「早く元サヤになりたい!」「早く入籍したい!」と思うかもしれないけど、離婚後の復縁は慎重に考えてね。

勢いでよりを戻せても、その後に再破局したらあなたは相当傷つくし、彼にも前回以上のショックを与えてしまう。

調停離婚後によりを戻す時には、普通の恋愛とは違うということを忘れないようにね。

離婚後の復縁にかかる期間。復縁してから再婚するまでの時間も考えておこう。

冷却期間の目安は半年、落ち着くまでは会わない


離婚後に復縁するまでの期間は人それぞれだけど、大原則は自分自身が冷静になれるまでは会わないこと。

子供との面会だとかで必要に迫られて会うのは仕方ないにしても、心がボロボロで冷静さを欠いた状態で「もう一度夫婦になりたい!」と彼に宣言するなど行動にうつすのはダメ。

離婚後の精神状態は人生の中でも1位2位を争うほどのどん底状態。

スムーズに手続きを終えた人でさえ、ショックから立ち直るのには時間がかかる。

ましてや、手続きで手間取ったり、財産分与や親権争いなんかした場合には相当のダメージを受けている。

当の本人はそれに気付けないから「少し疲れてるだけ」くらいの感覚しかないかもしれないけど油断したら危険だよ。

離婚後の極限まで落ち込んでいる状態でめちゃくちゃな行為をすると、彼と元サヤに戻れる可能性はゼロになる。

挽回不可能なミスを犯したくないのであれば、意識的に彼と離れる時間を作って。

最低半年くらいは静かに過ごしたほうが良いと思うよ。

1年以内に願いが叶う可能性があるのは自分から離婚を望んだケース


精神状態が落ち着いてきたら、早めに声をかけるのがおすすめなんだけど、理由は時間が経ちすぎると復縁意欲が減る男性が多いから。

一部の男性は寂しさに耐えられなくなって離婚後の早い段階で再婚相手を探し始める。

そうすると、元嫁は完全に過去の人になってしまうからね。

あと、つら過ぎる出来事を経験した男性は、過去を思い出さないようにし始める。

つまり、あなたを意識的に忘れようとしてる状態だから復縁意欲が湧きにくいんだ。

普通に考えて離婚するほどのショックを受けた相手には近づきたくないと思えるものだよね。

だから、相手の心があなた以外に向いてしまう前に、電話したりlineをして忘れ去られないようにしておいたほうが良い。

かと言って、あまりに接触し過ぎるのもダメだから難しいところなんだけど、普通に会ってくれる関係なら冷却期間が終わった後にはちょこちょこ声をかけておくと良いよ。

このパターンに当てはまるのは、あなたから別れを切り出して離婚したけど後悔してよりを戻したい…ってケース。

彼に嫌われたわけではなく、あなたが離婚を言い出したってことね。

その場合には彼の持つあなたへの嫌悪感が少ないから、よりを戻せる可能性がまあまあ高い。

普通に会えるくらいの良い関係なら、声をかけて関係を持ち続けるだけで短期間でやり直せるかもしれないよ。

復縁だけなら離婚後1年以内に願いが叶う人もいるし、早ければ1~2年で再婚するカップルもいる。

そんなラッキーなカップルはかなり少ないけど、自分から離婚を望んだケースなら短期間で目標が達成できる可能性が残されているよ。

徹底的に嫌われている場合には年単位の冷却期間を置く


徹底的に嫌われている場合には年単位の冷却期間が必要だから覚悟しておこう。

彼から別れを切り出されたパターンだとしたら、残念ながら徹底的に嫌われている可能性が高い。

婚姻関係を解消するってよっぽどのことだからね。

あなたはまだ彼を好きで別れたくないのに離婚を回避できなかったのであれば、数年間の冷却期間を置かないといけないだろうね。

冷却期間が終わった後に連絡を取り合えるようになっても、彼が復縁を視野に入れるまでにさらに年単位の時間が必要になると思う。

婚姻関係を結んでいなければここまで長い時間はかからないだろうけど、離婚という大きな出来事を経験してしまったカップルの場合にはよりを戻すまでに年単位の長い時間が必要になるケースが多いよ。

再婚までの期間は離婚理由になった問題が解消するかにかかっている


あなたの金銭トラブルが原因で別れたなど、明らかな欠点がある場合には問題が解決するまでは会わない、連絡しない、のが基本。

離婚理由になった欠点が直ってないのにアプローチされても余計に嫌いになるだけだからね。

そういった意味で考えると、離婚理由になった問題が解消されるまでの時間によって復縁までの期間も変わってくる。

すぐに問題を解決できれば短期間でよりを戻せる可能性も出てくるけど、問題解決までに何年もかかったら元サヤになるのは数年以上かかるということ。

婚姻関係を解消したくなるほどの問題を抱えている場合には、その欠点を直さない限り復縁は不可能。

だから、自分自身に原因があるのなら、彼が好きだとか、彼に好きになってもらうとか以前に問題解決に向けての努力が先だよ。

問題が残っているうちはどんなアプローチをしても復縁は無理だから、欠点の改善を一番に行ってね。

復縁できても再婚時期は早すぎないほうが良い


女性は妊娠した子供の父親を特定させるために、100日間の再婚禁止期間が設けられている。

これは離婚後100日間は再婚してはいけないという法律なんだけど、元夫との場合は、同一人物との再婚(父親で悩む必要はない)から再婚禁止期間から除外される。

つまり、いつでも再婚することができるってこと。

でも法的な縛りがないと言っても、再婚する場合には周囲の人のことも考えないといけないよ。

よりを戻すだけなら個人同士のお付き合いだから当人同士で自由に決めれば良いんだけど、再婚は親や子供たちを巻き込んでし合うからね。

姓が何度も変更されたり、周囲から色々なことを言われると、子供は物凄く大変。

それに、あなた自身も短期間で元夫と再婚したと知られると周囲から白い目で見られるかもしれない。

だから、長い目で今後を考えると、よりを戻すのは早くても問題はないけど再婚は早すぎないほうが良いよ。

すぐに入籍できる状態になっても、周囲の人の反応を見ながら入籍時期を決めよう。

離婚した旦那とやり直した後や再婚した後はこんな事に気をつけて。

前の結婚生活と比較せず相手の変化を受け入れる


よりを戻した後や再婚後は彼の変化を受け入れることがとても重要。

元夫と再婚すると最初の結婚生活を再現できると思っている人がいるけど、離婚という大きな出来事を体験した後は前とは同じ生活は望めないと思っておいて。

深い傷跡を残す事件の後は変わるのが普通だし、再婚までに時間が経っているだろうから時間的な変化もある。

若い年代で初めて結婚した後はラブラブいちゃいちゃな新婚生活だっだとしても、再婚後に再び当時のような新婚時代がやって来るとは考えにくい。

だけど、「前は~~だったのに…」なんて比較して落ち込まないようにね。

普通に考えて、若くて何も知らない時のほうが無邪気に楽しめるのは当たり前のこと。

「なんで前と同じようにしてくれないんだろう?」ではなく、「時間が経ったんだから前と違うのは当然だよね」と思うようにしてね。

同じ人とやり直すのだとしても、イチから新しい関係を作り始める気持ちで挑もう。

同じ失敗をしないよう注意する


言うまでもないことだけど、離婚原因になったことを繰り返したらもう一度ダメになるのは確実。

あなた自身にけんかっ早いところがあって言い争いが絶えないことで仲が悪くなったのなら、多少のストレスがあってもあなたが我慢しないといけない。

離婚したってことは2人の間には重大な問題があると考えられるから、ストレスのない結婚生活を送りたいなら元旦那以外の男性と再婚したほうが良い。

でも、あなたは他の人ではなく同じ男性とやり直したいと思うんだよね?

だったら、再婚後は我慢しないと結婚生活を続けられないことを覚悟してね。

しかも結婚生活は何十年単位で続くものだから、心に強く誓わないと我慢し続けるのは難しい。

よりを戻すまではストレスなく我慢できても、復縁が叶ったところで頑張る意欲が少なくなる女性が多いし、さらに再婚するという夢まで果たせたら…気が抜けてもおかしくないよね。

だから、よりを戻す前の状態で「絶対に頑張れる!」という覚悟を持っていた女性が、再婚後には豹変して前と全く同じ欠点で嫌われるケースが結構あるんだよ。

「前に一度失敗してるんだから、同じことしたらダメなのはよく分かってる!」と思っていても、その意欲を何十年も持ち続けられる人は滅多にいない。

あなたも途中で気力が衰えないよう気を付けてね。

子供への対応は2人で相談して決める


母親が子供の親権をとって子育てをしているケースが多いと思うけど、その状態から再婚すると父親の居場所がなくなりがち。

ただでさえパパは家族から邪魔者扱いされやすいのに、離れていた期間があったら尚更なんだよね。

それにあなたが1人で育児してた時期があると、「この子達は私(だけ)の子供」という意識が芽生えやすい。

その結果、育児に関する決定権は母親が持つ…という形の家族になると、彼は再婚後に孤独な状態になってしまう。

だから、再婚後は改めて「この子は2人の子供」という意識を持って、育児に関して夫婦で相談することをおすすめするよ。

そうすれば、夫婦仲が良くなるし家族関係も良好に保てるよね。

子持ちで再婚する場合には、夫婦2人の関係と共に子供も含めて全員が幸せになれる幸せの形を考えることが大切。

離婚と再婚を経験したことで子供なりにショックを受けているから、「父親が戻ってきたから子供的には何も問題ないでしょ?」と思わずに、子供の心のケアも忘れないようにね。

復縁後は不安だらけ!ラブラブを取り戻すために気をつけることやデート・キス・エッチの仕方

離婚後に元旦那と復縁する場合には同じ結果を繰り返さないよう注意して


一度は結婚までした旦那さまだから、離婚した後に「もう一度結婚したい…」と思えるのも自然なことなのかもしれないね。

だけど、2人の関係性によっては年単位の時間が必要になるから気長に取り組む姿勢が大切だよ。

あと、同じ人と再婚すると、最初の結婚と同じ結果になってしまう可能性が高いのが難しいところ。

「再婚できた!これで目標達成!」と思ったら気が緩むから注意してね。

途中で少しでも油断するとあっという間に再破局してしまうから、再婚後はとにかく気を引き締めて!

慎重に関係を修復して、次こそは幸せな家庭を築いてね。

【期間限定・4月5日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【月読み誕生日占い】を初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【月読み誕生日占い】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人の事や彼氏の事、復縁を目指すべきかどうかも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「恋愛サプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「恋愛サプリ」

恋愛サプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「恋」の「サプリ」をプレゼント!恋愛サプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG