復縁メールの書き方を例文を交えて徹底指南!内容とタイミングのバランスが悪いと返信なく無視されます

  • 2019年12月1日
  • 2019年12月1日
  • 復縁
  • 39view

「メールを使って復縁を成功させたい…」そう思ってる女子がたくさんいると思う。

メールなら口頭で話すよりも落ち着いて内容を考えられるから、口下手さんでも復縁を成功させられそうだよね。

だけど!文字を見るだけで感動できる女性と違って、男は目の前に相手がいないと心が動きにくいという特徴を覚えておいてね。

どういうことかと言うと、女性は文字で「愛してる」と書かれているだけで胸がキュンキュンしたり、ドキドキして相手への好意が湧いてくるかもしれないけれど、男性は好きな子以外の人から文字で愛してるアピールをされてもなんとも思わないものなんだ。

つまり、あなたに好意があって「元サヤに戻るのも良いかもね~」と思っているなら、どんな内容のメールを送っても「あっ!元カノからメール来た!嬉しい!」と思ってもらえるけれど、彼があなたに対して関心を抱いていないのであれば、何らかの工夫をしない限り彼の心を動かせないってこと。

復縁メールをしても失敗してしまった女性は、男心を動かす+αの要素が足りなかったんだろうね。

今回は、復縁メールの書き方を例文を交えて徹底指南するよ!

内容とタイミングのバランスが悪いと無視されるから、失敗しないよう気を付けてね。

復縁メールで元彼にどんな印象を感じてもらうべきかを解説し、送信タイミング、返信後の対応、復縁メールを送らないほうが良いケースについてもお話するね。

メールでやり直したい女子は、送られてきた文字を眺めた時に彼がどう思うかを想像しながら文面を考えよう。

間違っても、「あなたが送りたいと思っている内容」だけのメールを送ったらダメだよ。

彼が返信したくなる内容になるよう心がけてね。

目次

まずは復縁メールで元彼にどんな印象を感じてもらうべきか理解しよう。

最低限返信くらいしとかないとヤバい


誰かからメールが送られてきた時には、「これは返信しておかないと!」と思うものと「返信は必要ないよね?」と思えるものがあるのはどうしてだと思う?

復縁メールを送る時には、彼が「返信しないとヤバいよね?」と思える内容にするのがコツ。

あなたは元恋人という立場で、彼が積極的にメールのやり取りをしたいと思っている相手ではない。

彼が「これから先、この子に恋人になって欲しい!」と思っていたり、「この子をもっと知りたい!」と思っているなら内容やタイミングにこだわらなくても返信が期待できる。

だけど、そこまでの優先度の高い相手ではない場合には、書かれている内容を読んだ時に何らかの理由で「返事しないとな…」と思わせられないとスルーされて終わり。

だから、「返信しとかないとヤバいよな~」と彼の心を後押しできる内容が適しているよ。

返信したいと思える内容を例と共に紹介するね。

①返事をする必要性が高い内容
・「貸していたものを返して欲しい」等の要望があった時
・間違いメールが送られてきたが相手が気付いていない時

②期待に応えたいと思わせられる内容
・応援してるよ!など励まされた時
・返事をして欲しいとお願いされた時

③返事してあげないと可哀想過ぎる内容
・「高熱で動けない」等でヘルプを求められた時
・落ち込んで立ち直れない雰囲気が漂っている時

④感動して心が動かされる内容
・念願の試験に合格したなど特別な出来事があった時
・自分のために必死になってくれたと感じた時

⑤質問したくなる内容
・文章の意図や意味が分からない時
・興味があるからもっと話を聞きたい時

これは一例に過ぎないけど、こうやって考えてみると、返信の必要性を強く感じるメールとそうではないメールがあることに気付けるよね。

これらの中で、印象が良くなるものを選びだして取り入れれば返信がしやすいメール作成ができる。

最後の「興味があるからもっと話を聞きたい時」を使うのなら、彼が関心を持っている内容で「ちょっと!その話もっと詳しく!」って前のめりになるような内容を考えれば良いってことだよ。

一生懸命な気持ちが伝わってくるな


元カノという立ち位置は男にとっては面倒な存在でもあるから、関係性によっては最低限の関わりに止めておきたい…って思ってる男性がいるのも事実。

彼が今は復縁希望ではないということは、積極的に関わりたいと思える相手ではないってことだよね。

それなのに、真剣味の感じられないメールが送られてきたら彼はどう思うだろう?

例えば、誤字や脱字だらけのメールが来たら「手抜きしてんな~」と思うのが普通だよね。

誰でも誤字や脱字をするとはいえ、特別な感情を抱いていない人から手抜きなメールが来たら、それだけでテンションダダ落ちじゃない?

それでは復縁どころか、返信さえしたいとは思えないから、一生懸命さが伝わる内容にするのは最低条件だよ。

文章が雑で適当に考えたような内容だったり、やたらと長文で独りよがりな文章だったりするのもNG。

誠実な印象を与えられて「一生懸命メールして来てくれたんだな…」って彼の心が熱くなるような内容を目指そう。

ジーンとさせられれば、恋心が戻って来る可能性があるからね。

僕の言いたかったことは理解してくれたみたい


別れ話だったり、破局後に話した時に彼が必死に訴えたいことがあった場合には、それを理解していると伝えることも大切。

あなたの浮気が原因で別れたとして、「彼女に浮気されて傷ついた」ってことをどうしても理解して欲しいと彼が思っていたなら「あなたを傷つけてごめんなさい」の一言があれば、「あ、俺の一番分かって欲しい気持ちは彼女に届いたみたい。よかった」と満足させられる。

これだけだと、もう一度元サヤに戻りたいという気持ちまでは遠いけど、言いたいのに伝わらない出来事がある場合には、それがわだかまりになって復縁を遠ざけているから取り除かないといけないよ。

心の中に引っかかる部分があると、どれだけ効果的なアプローチをしてもわだかまりが邪魔をして心を取り戻せないんだ。

もしあなたが「ブス!」って言われた男性に「好きだよ」って言われても、「その前にブスって言ったの撤回してよ!!」と思ってしまわない?

そうやって引っかかってしまう何かがある場合には、問題解決を先に済ましておくのが鉄則。

メールの文面を考える時には、彼が私に一番言いたいことは何だろう?と考えることを忘れずにね。

「僕の言いたかったことを理解してくれてスッキリした!」と彼に思わせられるメールを送れば成功率を上げられるよ。

付き合ってた頃よりも感じの良い女になった


復縁希望の女子が覚えておかないといけないのは、彼の心には付き合ってた頃の悪いイメージが残っている=マイナス地点からのスタートだということ。

女の子からメールがあったら、狙ってる子じゃなくても、「わーい!」と男は浮かれるけど、元カノはそれ以下の存在。

「喧嘩した時の不満でも送ってきた?」「また連続メール攻撃されるんかな…相変わらず鬱陶しい女…」なんて思ってる可能性もある。

だから、メールを読んだ時には、せめて「今までよりも好印象!」と彼からの評価が高くなる内容にしないといけない。

あなたがフラれたのだとしたら「別れた=付き合う価値があるとは思えない」ってことだから、その段階から抜け出せるようなメールを目標にしてね。

「過去のアイツとは違う!」と思わせられれば、やり直せる確率が高くなるからね。

この子のこういうところに惹かれたんだよね


元彼は今のあなたには魅力を感じていないだろうけど、付き合った当初はラブラブだったよね。

あなたから告白して「まあ、いいけど」って程度で付き合い始めたとしても、彼女にする価値あり!と判断したから、あなたは彼女の席に座ることができた。

ということは、その当時の感覚を思い出させるような内容があれば理想的ってことだよ。

ただ、これは結構難易度が高くて、単純に初デートの思い出を入れれば彼が初心を思い出してくれるというわけでもない。

あなたをかなり嫌っているのであれば、「ふん!仲が良かった頃の思い出話されても余計にムカつく。変わったのはお前だろ!」と彼の心を逆撫でしてしまう。

だから、思い出話とかよりも、彼があなたに惹かれた理由をもう一度思い出してみて。

「明るくてポジティブ」「優しくて癒される」「気配りができる」とか、何らかの惹かれポイントがあったはず。

なかなかどこを好きになったかはストレートに言わない人が多いから、言葉ではっきりと言われたことがない女性が多いかもしれないけど、思い出を遡っていくと何らかのヒントが見つかると思う。

いつも私が優しい声かけをしてあげた時に嬉しそうな顔してた…って記憶があるなら、彼はあなたの優しさに惹かれて好きになったってこと。

あなたのその優しさは復縁を成功させる武器になるから、優しさを感じさせる文面にすれば「この子のこういうところに惹かれたんだよね」と彼が思ってくれて、最初の頃のように恋心を抱いてくれるよ。

もう一度付き合ったら次は上手く行くかも?


復縁希望なら、未来について述べるのも有効な方法だよ。

破局を迎えた時には「もう無理」と思われたとしても、これから先の未来もずっと「もう無理」が続くとは限らないよね。

彼が「あの時は無理と思ったけど、今度は上手く行きそう」と思ってくれれば、当然「もう一回付き合っても良いかな」って流れになる。

特に何らかの原因があって破局という結果になったのなら、それさえなくなれば一緒に過ごす未来に何も問題がないと思えて、元サヤに戻れる可能性が高まる。

太ったのが原因で「女として見れなくなった」という理由で別れたのなら、「ダイエットに成功してナイスボディを手に入れた」ってことが分かるメールが来たら「スリムで可愛いあの子に戻ってくれた!」と期待させられるよね。

それ以外にも、同じ過ちは二度と繰り返しませんって覚悟が伝わる内容だったら、「反省してくれたみたいだし、次は大丈夫だろう」と彼からの信頼を取り戻せる。

そうなったら、関係を再構築できるはずだよ。

振られた元カノから連絡がきたら嬉しい?迷惑?元カレの心理と復縁を意識させる連絡術

次に復縁メールの書き方を例文付きで指南するよ。

【過去編】過去の反省点をメインにしたメール


あなたが嫌われることをした場合には、過去の行いに対しての反省点をメインにして文面を考えよう。

<例文>

いきなりだけど…

付き合ってる時に、○○君の優しさに甘えてわがまま放題な態度をとったことすごい反省してるんだ。

今までに〇〇君みたいな優しい人と出会ったことないから、あまりに幸せで浮かれすぎてたんだと思う。

わがまま放題してる時は自分勝手なことしてるのに気づけなくて、本当に申し訳なかったと思ってる。

今は、相手の気持ちを考えて行動できる人になれるよう努力中。

まだ完璧には程遠いかもしれないけど、過去のようなことはしないって誓って言えるよ。

私はまだ○○君が好きだから、それだけは知っておいてほしいと思って…

突然自分語りしてごめんね。

=====

こんな感じで、ダメなとこをしっかり治したってことを伝える内容にすれば、「そっか…俺が嫌がった部分を直すために努力してくれたんだな…」と感動させられるよね。

【過去編】恋人時代の忘れられないエピソードを主軸にしたメール


次は、恋人時代のエピソードを使って、「もう一度会いたいな~」と思ってもらえるメールを紹介するね。

<例文>

今日は久しぶりにアイスホッケーの試合を観てきました。

それで、付き合い始めの頃に〇〇君にホッケーの試合に連れて行ってもらったことを思いだして…

あの時にアイスホッケーの試合に連れて行ってもらってなかったら、ホッケーのルールも知らず、ホッケーの楽しさなんて全く分からないままだったと思う。

私に新しい楽しみを教えてくれた○○君にはホントに感謝してます。

また機会がある時にでも一緒にホッケーの試合を観に行けたら嬉しいです。

まだ、ホッケーに関しては初心者なとこがあるから、色々教えて欲しいっていうのが本音です(笑)

=====

このメールを読んだ彼は過去を思い出しつつ、「そういえば元カノとは共通の趣味で盛り上がれて楽しかったよな~」としみじみとしてしまうはず。

楽しい思い出と「趣味を共有できる女性」というあなたの強みをさりげなくアピールできる内容だよ。

【現在編】離れてみて分かった彼の魅力を中心にしたメール


次に紹介するのは、過去ではなく現在の状態にフォーカスした内容のメールで、別れてから元彼の存在の大きさに気付いた旨を強調しているのが特徴だよ。

<例文>

別れてから3ヶ月。

この期間は、私にとってとてもつらく苦しい機会でした。

でも、○○君と離れたことで新しい気付きがあったことも確かです。

例えば、いつも○○君が「おやすみ!」って送ってくれて、それが当たり前になってしまっていたけれど、あの一言のおかげで私は気持ち良く眠りにつけていたみたい。

〇〇君の「おやすみ!」がないだけで、眠ろうと思っても何か落ち着かない…それが理由で、なかなか眠れない日々が続いていました。

それに、私が落ち込んでいる時には「どした?大丈夫だよ!上手く行くはずだよ!」っていつも励ましてくれた○○君がいなくなって、追い込まれてしまう出来事が増えて。

今までどれだけ○○君が私を助けてくれていたかに気付けた気がします。

だから改めて、○○君って私にとってかけがえのない存在だったんだなって思いました。

自分勝手な理由であなたを振ったことを後悔しています。

本当にごめんなさい。

=====

こんな感じのメールが届けば、「こんなにも僕を必要としてくれてる!」と心を熱くした元彼が返信してくれそうだよね。

ただし、例文の感じだと少し重めの雰囲気だから、ライトなノリが好きな男性だったらもう少し軽い感じになるよう微調整してね。

【現在編】彼への共感をアピールしたメール


彼の辛い気持ちに寄り添った内容のメールも復縁に効果的だから紹介するね。

<例文>

別れ話を聞いてからこれまでの間、ずっと○○君がどんな気持ちでいたかを考えてたよ。

最初はフラれたのがショックで冷静になれなかったけど、落ち着いて考えてみたら〇〇君の辛さが理解できてきた気がする。

私は友達と遊びに行くことを優先させて〇〇君とのデートの予定を先延ばしにしたりしてたけど、逆のことされたら耐えられないだろうな~って思ったんだよね。

そんな当たり前のこともっと早く気付かないといけなかったんだろうけど・・・

別れ話をされるまで○○君が私からの扱いに不満を持っていることに気付けずにいたってことは、○○君はずっと言いたいことも言わずに我慢してたってことだよね。

友達と遊びに行く時にはいつも笑顔で「いってらっしゃい」って送り出してくれてたから、私は自由に好きなことをしていられたけど、○○君はその時も本当は辛い気持ちを我慢してたんだもんね。

ごめんね。

そんな思いをさせてしまって。

今さら謝られても…って感じだと思うけど、迷惑かけちゃったことだけは謝っておきたいと思って。

=====

ずっと彼女への不満をため込んでた彼氏がこのメールを読んだら、「やっと元カノが僕の気持ちに気付いてくれて理解してくれた」って嬉しくなると思うんだよね。

誰でも気持ちを分かってもらえると満足できるから、良いイメージを抱いてもらえれば、「絶対に復縁しない!」と思ってたとしても徐々に心の氷が解けて「元カノには良いところもあったよね」って変化していくんじゃないかな。

【未来編】生まれ変わった自分に気付いてもらうメール


次は、これからの未来に焦点を当てた内容のメールを紹介するね。

過去とは違い、これからどんどん良い女になりそうだ思ってもらえれば「この子と一緒に過ごす未来もアリかも?」と意識が変わるはず。

<例文>

久しぶりです!

〇〇君にフラれてから、私は必死に頑張って自分改造に励んでました!

本当は別れる前に欠点を直すべきだったんだよね。

別れるって言われるまで行動に移せなかった私を許してください!

でも、このまま○○君に嫌われるような女のままでいたらダメだと思ったから、私なりに一生懸命に頑張ったつもりです。

〇〇君は何でも家事ができるのに私は何をやっても下手でだらしない…こんな女じゃ愛想を尽かされても仕方ないと反省しました。

今は整理収納アドバイザーの資格を取ったりなんかして、一通りの家事はマスターして料理も頑張ってます。

肉じゃがという得意料理もできたので、ぜひ食べてもらいたい!(笑)

時間のある時にでもお返事ください。

待ってま~す!

=====

彼に嫌われた部分を直す努力をしたメールを送る時には、あまりにも「私アピール」が強くなり過ぎないようにするのが大切。

これも頑張りました!あれもできるようになりました!って内容ばかりだと「自慢してるわけ?ウザい!」と彼をイラつかせてしまうから、謙虚な姿勢を出せる雰囲気を心がけよう。

あと、未来の話をする時には、明るいムードのほうが読んだ人が心地良く感じると思う。

過去の話ならしんみり系も良いけど、未来の話は勢いを感じさせるポジティブな感じのほうが印象が良いんじゃないかな。

彼の好みによって狙う雰囲気を考えて、最高のメールを考えてね。

【未来編】2人が今後幸せになれる予感を強調したメール


別れを決めた=2人で過ごす未来をイメージできなかったってことを意味する。

つまり、今後この子と一緒にいても良いことないな…って思いが彼の中にはあるんだ。

だから、その悪いイメージを洗い去る内容のメールも復縁に有利に働くよ。

メールを使って「ふーん、もしかして元カノともう一度一緒になったら結構楽しそうかも?」と彼をワクワクさせられれば、一気に急展開させられる。

それくらい影響力を出せるメールを目標にしてね。

<例文>

こんにちは!

突然ごめんだけど、これだけは伝えたいと思ったからメールします。

前に結婚の話が出た時に、子供をどうするかで揉めたよね。

私は子供が欲しいと思ったけど、○○君は子供はいらないって言ってて、それが原因で喧嘩になったこともあったけど…

別れてから色々考えてたら、とりあえず夫婦2人で結婚生活を楽しんでから子供のことは改めて考えれば良いのかな?って思えてきて。

あの時は、周りの友達に「子供は可愛いよ~早く子供産みなよ!」って言われてばかりで少し焦ってたんだと思う。

「女は子供を産んで一人前だよ」とか言われるとなんか悔しくて…

だけどよく考えたら、子供が産めればいいってわけじゃなくて、私は〇〇君と結婚して幸せになりたかっただけだって気付いたの。

それに○○君似の子どもができたら絶対に可愛いと思ったのも理由のひとつかも(笑)

だって私が一目惚れするほどカッコいい○○君と似てる子供だなんて…〇〇ジュニアを想像するだけで子供が欲しくなった私の気持ちも分かるでしょ?(笑)

とりあえず言いたいことはそれだけなんだけど。

もちろん○○君にすぐに結婚して欲しい!とかそういうことは言うつもりなくて・・・

もう一度話くらいならしても良いかなって思ってくれたら嬉しいです。

=====

破局した理由はカップルごとに様々だと思うけど、破局理由が解消されたって分かったら自然と「やり直しても良いかな…」とって感情が芽生える。

人の心を動かすのは簡単ではないけど、ちょっとでもきっかけが作れれば、そこから逆転できるかもしれないからね。

未来について語るメールは読んだ人がワクワクできるよう、上機嫌な内容にするのもポイント。

彼を積極的に褒めて「さすが元カノは良いこと言うよな!」と思わせられるようにしてね。

復縁メールの内容が決まったら次は元彼に送信するタイミングをこうやって決めよう。

「時期」と「時間帯」のタイミング二大ポイントを守る


メールを送信するベストタイミングは「時期」と「時間帯」のふたつのポイントがある。

まず時期っていうのは、曜日や月のどこら辺に送信するかということ。

仕事が激務で平日は毎日終電って感じの相手なら、休日に送ったほうが負担にはならないよね。

普通に考えて食事や睡眠の時間も確保できないような生活を送ってたら、どんな素晴らしい内容のメールだったとしても「忙しい」という理由に負けてスルーされるリスクが高まる。

他には月末は仕事量が増えるとか、学生さんならテストの時期や部活の試合がある時期なんかも避けておきたいところ。

彼のスケジュールを思い出して、時間的な余裕がある時を見つけ出そう。

時間帯は、朝が良いのか寝る前が良いのか、とかそういう意味。

彼と付き合っている時によくやり取りをしていた時間が基本になるけど、当時と今では生活スタイルが変わっているかもしれないから注意してね。

過去は起きてから出勤までの間に毎日やり取りをしていたとしても、今は出勤時間が早くなって、朝は全く余裕なし!ってことも十分にあり得る。

しっかりと彼の今の生活を調べてから時間帯を決めたほうが安全だよ。

どうしても情報が入手できない場合には、余裕がある可能性が高いタイミングはいつかを予測してみてね。

別れてからの時間が十分に経ってからが基本


復縁メールを送る時には、別れてから経過した時間の長さも重要。

メールの内容に工夫を凝らしても、彼が破局時の悲しみを引きずっている段階なら心を動かすのは相当難しいからね。

何ヶ月後なら絶対に大丈夫と言う保証はないけど、半年経っていればほとんどのケースで問題ないと思う。

ただ、「半年も待てない!」って女子もいるよね。

その場合には、彼の友達に聞くなどして彼が立ち直ったかどうかを確認しておこう。

あなたはやり直したいと思っていても、彼が心に傷を抱えている状だと逆効果になってしまうから気を付けてね。

あと、冷却期間をしっかりと置くことも大事で、全く連絡を取っていない時期があるからこそ復縁メールの威力を最大にできるんだ。

色々な事情があると思うけど、冷却期間を上手に使わないと復縁メールの成功率を上げられないから、彼と距離を置く時間を必ず作るようにしてね。

メールしていい時間を事前に聞くのもアリ


一通の長文メールではなく、何度かラリーをして話し合いたいって作戦の人もいるよね。

すぐに彼が返事をしてくれたほうが話がスムーズに進みそうな場合には、「ゆっくりメールのやり取りをしたいから、時間のある時を教えてくれる?」と彼に言うのもOK。

ただし、やり取りに彼が了承してくれるくらいには関係が良くなっているのが条件だよ。

そこまでの好意を持っていないのにお願いされると「は?なんでお前のために時間を作らないといけないわけ?」と彼を怒らせてしまうかもしれないんだ。

お願いしたら時間をとってくれるかも?と思える場合にのみ試してみてね。

敢えて即レスできない時間を選べば余裕を与えられる


彼がメールのやり取りが苦手で返信を負担に思いそうな場合には、敢えて即レスできない時間帯に送るという裏技もある。

彼と付き合いのあった元カノがいつもやり取りしていた時間帯にメールを送ってくると「どうしよう…この時間帯だと暇だってバレてるよね?だけど返信を考える時間が欲しい…」と彼にプレッシャーを与えてしまうかもしれない。

だから、わざと仕事中に「仕事中にごめんね」と一言断りを入れて送れば、彼はすぐに返事をしなくても良いという猶予ができるよね。

午前中に送っておけば、その日の夜に返信しなくても「忘れてた」って言い訳が十分に通用するから、男性のタイプによっては即レスできない時間帯を選ぶのもアリだよ。

彼のタイプによってどっちが良いか考えてみて。

あなたがすぐに返事をして欲しいと思っていても、彼が「どうしよう!即レスしないと!」ってプレッシャーを感じるタイプだったら、敢えて時間をずらしたほうが返信がくる確率が高くなると思うよ。

復縁メールに返信があったら、焦らずこんな風に対応して復縁に繋げて。

何よりも先に「ありがとう」を伝える


返信があったら焦って返事を出さずに、じっくりと返信内容を考えるのが基本。

だけど、あんまりにも間隔が空きすぎると、「自分からあんなメール送ってきてなんだよ!自分勝手なことすんなよ!」と思わせてしまう危険がある。

意味深なメールが送られてきて、わざわざそれに返したのに音沙汰なし…だと、ちょっと残念な気持ちになるよね。

だからといって急いでイマイチな返事を送るのもダメ。

じゃあどうすればいいの?と思った人は、とりあえず「ありがとう」だけを伝えておいて、「ちょっとよく考えてから返事したいから待ってってもらっていい?」とお断りを入れる方法を使おう。

返事をしてくれて嬉しいという思いと感謝を伝えておけば、よほどのことがない限り不機嫌にしてしまうことはないと思うよ。

意志が正確に伝わっていなくても否定しない


もしかしたら彼があなたのメールを読んで意図とは違う理解をしてしまうことだってあるよね。

「え?そういうことを言いたかったんじゃないのに…」と思っても「違う!違う!」とすぐに否定したらダメだよ。

復縁希望の場合には、こちらからお願いするという姿勢を忘れたら失敗する可能性が高くなるんだ。

だから、意志が正確に伝わらなかったな~と思っても、とりあえずその話はスルーして別の話題にチェンジしたほうが良いよ。

彼が悪い意味に捉えて怒っている雰囲気の時には「誤解させる言い方してごめんね」とだけ言って、明るい雰囲気でやり取りできる別の話題に路線変するのがベター。

険悪なムードを一掃させられるよう努めよう。

すぐに復縁!ではなく良いムード作りに集中する


「返信がある=やり直す気満々というわけではない」という大原則は絶対に忘れないようにしてね。

メールを送る時には、何よりも返信があるかないかが気になって仕方ないよね。

だから、返信が来た途端に「良かった!」と感激して、「これでやり直せる!」って先走ってしまう女性が多いんだ。

だけど、彼は「メール見たよってことくらいは伝えておかないとな…」という義務感で行動しているだけかもしれない。

たった一通のメールで人の気持ちがコロッと変わるほど現実は甘くないから、返信があって喜ぶのはOKだけど、それと復縁可能かどうかは分けて考えよう。

そして、あなたが目指す最終目標は元サヤだったとしても、その前に「良いムードでやり取りする」という乗り越えないといけない課題があることも覚えておいて。

恋愛においてムード作りは欠かせないポイント。

彼が「何となくこの子と会いたくなってきたぞ…」と思うような甘いムード作りができるよう意識しよう。

最初の返信で長く話し過ぎない


真面目なメールを送った後は、普段はあっさりした返事しかしない彼が長文で返事をくれることもあると思う。

それに、返信後のやり取りの内容によっては、「あ~すごく良い感じでテンポよく会話が進んでいるから、このまま最終目標まで行けるのでは?」と欲が出ることもある。

でも、復縁メールの後はダラダラと長く続けないことも大事。

タイミングによっては、「返信直後に攻めれば落とせる!」ってケースもあるけど、全体の5%くらいだと思っておいて。

成功率を上げたいのであれば、もう少しやり取りを続けたい…と彼が思っているところで切り上げよう。

大体は女性が求める半分の量のやり取りで男性は満足してしまうから、あなたが「よし!これから本題に入ろう!」と思うあたりで、その日は止めにするくらいでちょうどいいよ。

「だったら、いつ話を詰めれば良いの?」と思うよね。

翌日以降に彼が連絡をしてくれるのであれば、彼のほうから元サヤに関する話をしてきた時に本題に突入するのがベスト。

彼が自分から話題を提供するタイプじゃない場合には、数日後に「あの時の話なんだけど…」と持ち出す感じで良いと思う。

もう一度付き合いたいと思っているあなたは、復縁後のイメージが明確になっているかもしれないけど、彼はあなたの復縁メールをもらってから「これから先どうしよう…」って考え始めた段階だから考える時間が必要なんだ。

だからこそ、あなたペースでどんどん会話を進展させるのではなく、彼が余裕を持って今後を考えられるようになってから本題に入るようにしよう。

こんなケースは復縁メールを敢えて送らないほうが元カレとやり直せるよ。

元カレが会って話すほうが好きなタイプ


言うまでもないことだけど、彼がメールが苦手で対面会話派だったらメールを送らないほうが良いよね。

でも、それが分かっていても、「面と向かって話してくれないからメールに頼るしかないんだよ!」って立場の女子もいると思う。

その場合には、メールで反省したり、改善アピールをするのではなく、用事だけのメールを送るようにして。

会って話すのが好きなタイプは、「メール=連絡ツール」という価値観だから、用事があるのならメールしても許してもらえる。

だから「〇〇君の家に忘れてる指輪取りに行っていい?」と聞いて会う口実を作ろう。

何も用事が思いつかない…という人は、間違えたフリをして「〇〇君の忘れ物があるから渡しに行っていい?」と聞くか、「サッカー(彼の興味のある出来事)の観戦チケットをもらったから譲りたい」等の理由を作り出せばOK。

彼を不機嫌にさせないよう、メールのやり取りは最低限にしてね。

別れてから体の関係を持ってしまった


破局後に一度でも体の関係を持っていると、彼の中ではあなたはセフレ扱いになっているから積極的にメールを送らないほうが良いよ。

セフレから本命彼女に戻る道のりは険しくて長い。

どんな内容のメールを送っても「はいはい、彼女に戻りたいのね。好きだよって適当に言っておけば、もうしばらくはエッチさせてくれるかな…」としか思ってもらえないのが悲しいところ。

男は一度でも恋心よりも性欲が勝ってしまうと、常に性欲を優先させて物事を考えてしまうから、メールで彼の心を動かすのは無理。

本気でセフレから本命に戻りたいのなら、一切の連絡を絶って彼女でもないセフレでもない遠い存在になるステップが必要だよ。

長期間完全な音信不通状態にしておいてからなら、復縁メールを真剣に読んでくれるかもしれないね。

あなたに全く興味を持っていない


別れた後にあなたを完全に忘れ去るレベルで興味を持っていないと、メールを出しても「誰だっけ?」とスルーされてしまう。

もしかしたら「迷惑メールかな…」と思われてしまうかもしれないしね。

もしくはあなたからのメールというところまでは気付いてもらえても「読みたくない…」とメールを開いてもらえない可能性もある。

強引にメールを読んでもらうことはできないから、彼が「この子からのメールなら読んでも良いかな」と思える段階までは関係を良くしておかないと、メールを使った方法は使えないからね。

それに、話しかけても露骨に無視されるほどに嫌われている場合には、メールを送ったら「なんだよ!あいつしつこいな!」と余計に嫌われる原因になってしまうよ。

彼との関係を最低レベルまで上げてからメールを送るようにしてね。

復縁できる手紙の書き方!元彼を感動させる例文と「重い…気持ち悪い…」と思われる内容の違いを解説

復縁メールのコツは雰囲気作り!思わず返信したくなるムードを目指せ!


メールは文字のやり取りだから、論理的な思考で説得したくなるかもしれないけど、恋愛においては良い感じのムードを醸し出す文章を目指さないといけないよ。

正論が書かれていても、彼の心にトキメキを与えられなければ返信は期待できないからね。

文字だけで心を動かすのは難しいかもしれないけど、紹介した例文を参考にしてあなたオリジナルの文章を考えてみて。

丁寧に文字を繋ぎ合わせれば、彼の心に届く復縁メールが作れるはずだよ。

最新情報をチェックしよう!
>最強の恋愛ポータルサイト「恋愛サプリ」

最強の恋愛ポータルサイト「恋愛サプリ」

恋愛サプリはあなたの恋の悩みに効果絶大な「恋」の「サプリ」をプレゼント!恋愛サプリを読んであなたの恋の悩みをスッキリ解決してみてくださいね!

CTR IMG